硬組織構造生物学分野 last updated 2021/11/24

標 本 Specimens

■組織標本TRAP stainng

【実習用】 現在、80-100枚を一組として、約300組あり、このうち、約80組を実習に使っ ています。これらすべてに標本番号を新たに振り、実習でも講義でもこの番号を表示するようにしています。旧分類では、総論、各論、口腔組織で 分けて いましたが、新分類では、器官や組織ごとに分けています。

これら実習標本は、製作時期と標本の性質から大きく三世代に分けることができます。そして、現在も新しい切片を作製し、充実に努めています。 作製は随時行っていますが、近年 は、学生有志による切片作製ボランティアにも支 えられています。

【研究用
 現在 では、入手できない動物たちの貴重な標本(主に歯)があり、その数は膨大です。これらの清掃、分類、収納を継続して行っています。これらの一 部を活用して、連載「新・十二歯考」が執筆されました。

組織実習準備室と組織標本についての覚え書き
昭和4〜39年
1946〜55年
実習用の組織標本を作り始める。【第1世代の組織標本】
ヒトのパラフィン標本とセロイジン標本が多い。封入剤はほとんどがバルサム。
切片ラベルは、総論が黒字、各論が赤字、口腔組織は水色で分類。すべて手書き。
作製者: 日熊技官、楠田忠夫技官、湯浅泰仁(院生)
昭和40〜63年
1956〜88年
引き続き、さまざまな実習用標本を作製。
また、さまざまな動物や魚類の歯の組織標本を作製。
平成8〜18年
1996〜06年
実習用の組織標本を追加作製。【第2世代の組織標本】
サル、イヌ、マウスなども使う。パラフィン標本とテクノビット標本など。
切片ラベルは、無番号表記で、スタンプ印字。
技官: 田代寛一郎、山本俊光、新鞍美保子、習田洋子、
井関八郎
平成26〜27年
2014〜15年
7号館2階の組織染色実習室 を大学に返還。これを契機に1階の組織実習準備室を改修。
古い収納庫を廃棄し、古い機材や各分野の教材の収納場所を変更。
標本整理をマッペから引き出し型に変更し、収納効率をあげる。作業スペースも確保。
作業協力: 顎顔面解剖学分野
平成25〜現在
2013年〜
実習用の組織標本の追加作製。【第3世代の組織標本】
3世代すべての標本をエクセルで管理して、再整理。
器官や組織ごとに分けなおし、アルファベットと数字の組み合わせで表記。
切片ラベルはすべてカラー プリンター印字。すべてに、新ラベルを貼る。
破損スライドを修復し、退色した標本は再染色または作り直しを行う。
学生による標本作製も恒例となる。ラットなどの小型動物をうまく使う。
骨、関節、顎関節、さまざまな軟骨、内耳など、難易度の高い標本も作製するようになる。
作業者: 杉浦真琴(技官)、山本智子(秘書)、学生多数
令和2〜現在
2020年〜
コロナ禍のため実習用スライドをバーチャル化して在宅実習 ができるようにした。
また、これを用いて、下記刊行。
田畑純、杉浦真琴 「バーチャルスライド口腔組織学」 羊土社 2021


■骨標本Bobine skull

顎顔面解剖学分野と共同管理しています。ヒト・動物あわせて頭蓋骨標本が約700体、歯も大量にあります。

平成28年11月〜平成29年3月に部屋の大改修を行い、すべての収納棚を取り替えました。これに伴い、ほぼ分類に沿った収納が可能となり、 利用しやすくなりました。骨標本はその収集時期から大きく三世代に分けられます。ただし、多くは開学時に集められたものです。

現在の活動は下記のとおり。
1) 破損標本の修復(東日本大震災での破損標本も含む)。
2) 学内外に分散していた骨標本の集約に努めています。
3) ご寄贈があれば歓迎します。
4) 教育資産、研究資産としての活用を目指しています。
皆様のご協力をいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

骨標本室と骨標本についての覚え書き
昭和5〜20年
1930〜45年
骨標本室を本館(現在の2号館)に設置。島峰先生が、頭蓋骨を収集。
 初代学長の島峰徹先生が大型予算を確保して、多くの貴重な骨標本を収集。【第 1世代の骨 標本】
外国からは完成した骨標本の購入だったが、国内からは取得後に標本化した模様。
初代教授の藤田恒太郎先生が標本作製と整理を率先して行い、すべての骨に通し番号を振る。
昭和20年
1945年 3月と4月、東京大空襲で本学はほとんどの建物を焼失。
幸いにも本館(標本室)は焼失を免れる。
昭和21〜40年
1946〜65年
上野動物園などから動物の提供を受けて標本作製。
昭和46年
1971年
骨標本室を1号館6階に移動。
この時期に萬年甫、小川鼎三、窪田金次郎先生らが標本を提供。
【第2世代の骨標本】
平成23年
2011年
3月11日、東日本大震災。標本棚と骨標本(一部)が損 壊。
平成27年
2015年
標本台帳をデジタル化。本格的な標本の再整理調査を始め る。
平成28〜29年
2016〜17年
標本室の大改修。不要標本を廃棄し、すべての標本を再整理 し た。
標本整理に当たっては、科博の人類学教室、動物学教室の方法を参考にする。

作業協力: 法歯学分野、大学事務、歯学部事務
平成29〜現在
2017年〜
骨標本を活用して、田畑純が連載「新十二歯考」を歯界展望 にて 執筆(〜平成30年)。
この連載のために作製した標本などを田畑が寄贈。【第3世代の骨標本】
2017年度から法歯 学分 野がヒトの頭蓋骨および骨盤標本を実習に使 用開始。
学内外に分散している標 本の集約と破損標本の修復を継続的に 行っている。
主な作業者: 田畑純、杉浦真琴(技官)、山本智子(秘書)
令和2年
2020年〜
動物の骨標本や組織標本を用いた下記書籍を刊行。
田畑純 「新十二歯考:十二支でめぐる歯の比較解剖学」 医歯薬出版 2020


HOME へ