TOP > My Career Story > 日髙 玲奈 氏

My Career Story

日髙 玲奈 氏

大学院医歯学総合研究科(歯)
地域・福祉口腔機能管理学分野
講師(キャリアアップ)

当制度に申請した理由を教えてください。

今後さらに歯科衛生士の活動の幅が広がっていく中で、歯科衛生士の新たなロールモデルの一つとして貢献できればと考え、申請致しました。ライフイベントによらず教育・研究・臨床に取り組むことができる環境づくりに当事者の一人として貢献するとともに、学生教育の中で多様性について一緒に考えていくことでダイバーシティの推進に携わることができるのではないかと考えております。

ご自身のお仕事の内容とその魅力について教えてください。

口腔保健衛生学専攻ならびに地域・福祉口腔機能管理学分野として、学部生や大学院生の教育に携わっております。研究では、地域の高齢者や子どもなどを対象に、口腔機能に焦点を当てた研究を行っており、フレイル予防や摂食支援などをテーマとしています。研究や臨床で学んだことを教育の中で学生に伝えることで、地域課題を一緒に考えたり新たなヒントを得ることができるため、好循環な取り組みが実践でき、充実した日々を過ごしております。また、これまでご指導を賜りました先生方と現在も継続してお仕事をご一緒する機会を頂き、非常に恵まれた環境で過ごさせていただいております。

キャリアアップ教員に就いたことで、ご自身やご周囲で変化したこと等があれば教えてください。

仕事に対するモチベーションが向上したと共に、長期的な視点からキャリアの構築について考えるようになりました。また、他のキャリアアップ教員の先生方からお話を伺うことができたことが刺激になり、とても勉強になっています。

当制度に期待すること、ご要望等はありますか。

貴重な機会を頂き、心から感謝申し上げます。
本制度を通じて優秀な女性リーダーが増えることを願っております。また女性だけに限らず様々なライフイベントにより、仕事に専念することに課題を抱えている方の支援の一助になることを望みます。

今後の目標を教えてください。

これまで教育・研究・臨床で素晴らしい先生方からご指導を賜り、たくさんの学びの機会を頂きました。歯科衛生士はとても重要な役割をもち、楽しくやりがいのある職業であることを学生に伝えていきたいと思います。今後も教育に主軸を置きながら、研究や臨床にもしっかりと取り組み、地域で活躍できる歯科衛生士の育成に力を尽くしたいと思います。

© Tokyo Medical and Dental University Gender Equality and CareerDevelopment Division.