グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




研究内容の概要

ウイルス治療学についてご案内します。


このページの目次


研究内容の概要

免疫不全状態の患者に発症するウイルス感染症は、非常に難治性で致死的となる場合も多く、新しい治療法の開発が求められています。

本研究室では、難治性ウイルス感染症の新規治療法・治療薬の開発を目指してウイルス感染症の発症機構の解明、ウイルス感染モデル実験動物の開発、さらに、臨床科と共同で活性化T細胞療法をウイルス感染症治療に応用する研究を行っています。

研究テーマ

● ウイルス感染症モデルマウスの作成と抗ウイルス薬開発への応用

● 細胞製剤の品質管理や臨床検査に応用可能な網羅的ウイルス検査法の開発

● 活性化T 細胞療法による難治性ウイルス感染症・腫瘍の治療

● EB ウイルス感染症の発症機構の解明