グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トピックス  > 第1回東京医科歯科大学―早稲田大学連携ワークショップが開催される!

第1回東京医科歯科大学―早稲田大学連携ワークショップが開催される!

 平成29年7月12日に早稲田大学大隈会館にて標記ワークショップが開催されました。平成25年に締結した大学間協定の趣意に基づき、お互いの大学にない分野を補完し、両大学の教員がより水準の高い研究教育に取り組むことを目的としています。
 第1回の今回は、「脳・認知・情報」をテーマとして、第1部にて本学から難治疾患研究所の岡澤均教授と角田達彦教授が講演、第2部ではファシリテーターの早稲田大学の橋本周司副総長・常任理事(学事統括)および本学の渡辺守理事(産学官連携・研究展開担当)による進行にて、木村彰方特命副学長(研究・評価担当)から話題提供、難治疾患研究所の石川俊平教授からコメントがよせられました。早稲田大学からも同様に、第1部にて研究紹介(大須理英子教授、清水佳奈准教授)と第2部での話題提供(石山敦士研究推進担当理事)およびコメント(郡司ペギオ幸夫教授、浜田道昭准教授)がありました。本学から、烏山一理事(企画・大学改革・国際展開担当)、後藤啓二理事(法務・コンプライアンス・地域貢献担当)、石野史敏難治疾患研究所長、宮原裕二生体材料工学研究所長を初めとする多くのメンバーが参加し、活発な討論が行われました。また、今回は特化した領域の基礎医学研究をテーマに取り上げましたが、次回は少し広い範囲で臨床医学を取り上げることなどが提案されました。
 ワークショツプを今後も開催し、種々の研究テーマについて議論を継続することにより、両大学の新たな連携関係を構築できる気運と期待が高まり、盛況のうちに終了致しました。

挨拶をする渡辺理事

総合討論の様子(左より早稲田大学橋本副総長、東京医科歯科大学渡辺理事、
同大学木村特命副学長、早稲田大学石山理事)

挨拶をする早稲田大学 橋本副総長・常任理事

会場の様子