グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学内研究支援  > 学内の研究奨励制度  > 平成29年度「学長裁量優秀若手研究者奨励賞」授与式を挙行

平成29年度「学長裁量優秀若手研究者奨励賞」授与式を挙行

 「学長裁量優秀若手研究者奨励賞」は本学の将来を担う優秀な若手研究者に、学長裁量による研究支援を行うもので、研究活動を奨励し、研究力強化を推進することを目的として平成26年度に創設し、今年度は第4回となります。

吉澤学長から受賞される松村助教

吉澤学長から受賞される安藤特任助教

受賞者を読み上げる渡辺理事

 選考にあたっては、学内公募の上、書面審査及び英語によるヒアリング審査を経て、20名の若手研究者を選抜しました。また今年度は51名からの応募が有り、非常に高いレベルでの競争になりました。

 平成29年8月24日に学長裁量優秀若手研究者奨励賞授与式を挙行し、烏山理事、田上理事、渡辺理事、大﨑監事、木村特命副学長、赤澤学長補佐臨席のもと、吉澤学長より代表者として難治疾患研究所幹細胞医学分野の松村寛行助教及び医学部附属病院腎臓内科の安藤史顕特任助教に第4回奨励賞の採択通知書が授与され、吉澤学長から大いに期待されている旨の訓示がありました。

 なお、受賞者は来年度、研究成果について学長に英語で報告をすることとなっております。

受賞者18名と吉澤学長、役員、特命副学長、学長補佐