グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 産学官連携  > 知的財産

知的財産

産学連携研究センターを中心に、研究成果の権利化・ライセンシング活動を推進しています。

東京医科歯科大学では産学連携活動として、企業・他大学・公的研究機関等と共同研究・受託研究をはじめとする、様々な形態の研究活動を推進しています。

「共同研究」の詳細はこちら  ▶ 「受託研究」の詳細はこちら

東京医科歯科大学では共同研究の成果については、発明者主義として発明の貢献度に応じた持分比率での権利として、その取扱いを協議の上決定しています。
受託研究の結果生じた発明等については、原則として本学に帰属します。


このページの目次


概要

(1)研究成果の取扱い(特許出願)

本学の研究者及び教職員等から生じた知的財産は原則として大学帰属となります。本学の研究者及び教職員等が生み出した発明は、まず発明等届の書式で産学連携研究センターへ届出られます。そこでセンターの担当者が発明者に対しヒアリング及び調査等をした上で、知的財産評価会議にかけられます。この会議において、大学が権利を承継するかについて決定されます。
産学連携研究センターは、権利承継が決定した発明について、発明者と協力して出願を行っていきます。
なお、承継をしない権利については、研究者の個人帰属としてお返ししています。研究成果の取り扱いをご参照ください。

関連資料


(2)東京医科歯科大学の知的財産

知的財産に関する詳細

知的財産に関する問い合わせ先

国立大学法人東京医科歯科大学 統合研究機構 産学連携研究センター
電話:03-5803-4737(代表)
FAX:03-5803-0286
E-mail:tlo@tmd.ac.jp
住所:〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 3号館10階

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。