グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 産学官連携

産学官連携

産学官連携研究に関する実績・制度や、
奨学寄附金制度などについてご紹介します。


企業等からの委託研究を本学の教員が業務として実施し、その成果を委託者へ報告する制度です。


産業界から現職の研究者や技術者を受託研究員として受け入れ、大学院レベルでの研究の指導を行うものです。


外部機関の研究者と共同研究を実施し、優れた研究成果の誕生を促進する制度です。


受託研究のうち人を対象とする医学系研究に関して、その成果を委託者へ報告する制度です。(治験を除く/研究の実施施設が附属病院以外の場合)


東京医科歯科大学では産学連携活動として、企業・他大学・公的研究機関等と共同研究・受託研究をはじめとする、様々な形態の研究活動を推進しています。


企業等からの寄附金によって大学における教育研究の豊富化、活性化を図ることを目的として東京医科歯科大学に「講座」もしくは「研究部門」を設置し運営する制度です。


奨学寄附金とは本学における教育や研究に対して、企業や個人の皆様から資金面でご支援いただく、寄附金制度です。


「学術指導」とは、企業その他の団体からの委託を受け、本学の職員がその教育、研究及び技術上の専門的知識に基づき指導及び助言を行うものです。