グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > RU機構URA室  > シニアURAからのメッセージ

シニアURAからのメッセージ

湯浅 シニアURA

湯浅 保仁

自己紹介

東京医科歯科大学医学部医学科を卒業後、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了しました。東京大学医科学研究所助手、米国国立衛生研究所(NIH)留学、群馬大学医学部衛生学講座助教授を経て、昭和63年東京医科歯科大学医学部衛生学講座教授に就任し、平成12年に大学院医歯学総合研究科分子腫瘍医学分野教授に配置換えとなりました。平成23年から3年間医学部長を務め、平成26年に定年退職して名誉教授となりました。研究面ではがんの分子生物学的解析を専門として、Nature、Nature Reviews Cancerなどに多数の論文を発表しました。日本学術振興会科学研究費委員会専門委員等を歴任しています。平成29年4月に東京医科歯科大学リサーチ・ユニバーシティ推進機構のシニアURA、URA室長、特任教授に就任しました。


URA室で行うこと

1)研究戦略会議、研究力強化イニシアティブと連携した研究戦略策定、2)研究戦略に基づいた大型外部資金獲得の企画、立案、3)本学研究者の外部資金獲得状況調査、4)文科省、厚労省、経産省等へのパイプ作り、5)各種外部資金応募相談、6)URAの制度設計、人材育成などです。


学内外へのメッセージ

近年日本はノーベル賞受賞者が増えました。学内の先生方には、ぜひノーベル賞を目指せるような画期的な研究を期待しております。一方、新しい治療法を待っている多くの患者さんのために、臨床研究・治験の充実も重要です。URA室は基礎研究と臨床応用をともにサポートいたしますので、何でもご相談ください。
 本学は大学全体で基礎・臨床研究の推進を図っております。学外の皆様におかれましては、本学の研究の発展に期待していただくとともに、本学との協同事業に積極的にご参加くださいますようお願いいたします。