企業の方へ

産学連携プログラム

共同研究

共同研究とは

企業・他大学・公的機関等の研究者と本学研究者及び教職員等が、共通の課題について共同して行う研究であり、外部機関から研究者及び研究経費などを受け入れる形態等で行われます。

研究成果の取扱い

東京医科歯科大学では共同研究の成果については、発明者主義として発明の貢献度に応じた持分比率での権利として、その取扱いを協議の上決定しています。

手続きの流れ

  1. 共同研究を行いたい本学研究者及び職員等の選定
    共同研究を行いたい本学の研究者及び職員等をご検討ください。
  2. 研究内容の検討
    研究テーマ・研究の期間・研究経費・研究に関する役割分担等について、本学研究者及び職員等とご相談ください。
  3. 共同研究の申込から承認まで
    本学に対しての共同研究申込書をご提出ください。
    提出先は本学 統合研究機構 産学連携掛 産学連携室でございます。なお、当該申込書については本学による承認が必要となります。
  4. 共同研究契約書の締結
    相手方機関と本学は共同研究契約書を締結します。
    原則として、本学共同研究契約書雛形を使用しますが、契約内容、条件について修正等が必要な場合には、産学連携研究センターが条件交渉を行います。最終案が確定しましたら、研究協力課を通じて学内決裁を行い、正式契約締結となります。
  5. 研究経費の納付
    本学が指定する金融機関に研究経費を納付していただきます。研究経費が納付された後、当該共同研究がスタートします。

問い合わせ先

統合研究機構事務部 産学連携掛
電話:03-5803-4712/7164/4927

カテゴリーサブメニューとサイドバー常駐メニュー

サイドバー読込中

このページの先頭へ