企業の方へ

よくある質問

ご覧になりたい項目をクリックすると、回答が展開します。

東京医科歯科大学産学連携研究センターが取り扱う「知的財産」とは具体的には何を指すのですか?

東京医科歯科大学では、研究活動及び教育活動等の成果として生じる、特許・実用新案・意匠・著作物のほか、研究成果有体物等を「知的財産」として捉えております。

東京医科歯科大学の研究者から生じた研究成果について特許出願する場合にはすべて大学が出願人となるのですか?

本学の研究者及び教職員等から生じた知的財産は原則として大学帰属となります。

本学の研究者及び教職員等が生み出した発明は、まず発明等届の書式で産学連携研究センターへ届出られ、産学連携研究センターの担当者が発明者に対しヒアリング及び調査等をした上で、産学連携推進本部内の知的財産評価会議にかけられます。この会議において、大学が権利を承継するかについて決定されます。 産学連携研究センターは、権利承継が決定した発明について、発明者と協力して出願を行っていきます。

なお、承継をしない権利については、研究者の個人帰属としてお返ししています。

東京医科歯科大学の研究者と共同研究するにはどうしたらいいのですか?

共同研究をご参照ください。

共同研究

ライセンス契約を希望する場合はどうしたらいいですか?

詳しくは産学連携研究センターまでお問い合わせください。

お問い合わせ

東京医科歯科大学の技術を知りたい場合はどのようにしたらいいですか?

シーズ集をご覧ください。なお、産学連携企業会員制度に入会いただくことで、本学研究者及び教職員等の研究情報の提供等を定期的にお送りさせて頂いております。

カテゴリーサブメニューとサイドバー常駐メニュー

サイドバー読込中

このページの先頭へ