情報発信

イベント情報

- 過去の特別講演・シンポジウム

平成25年度

医工連携シンポジウム

終了しました

超高齢化社会に向けて健康長寿の地域社会を実現するためにはHQOLに優れた医療・福祉機器の開発普及、個別化医療の促進(在宅医療・訪問医療・遠隔医療等)、更には健康・予防医学への取り組みが急務となっています。
本シンポジウムでは、産学官の医工連携関係者が広く集い、個別化医療、予防医療の将来、健康医療戦略について紹介・意見交換し、「最新情報」を共有し「ビジネスチャンス」を生み出す場にしたいと考えます。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時平成26年2月27日(木) 12:30 ~ 18:00
交流会18:10~19:30
開催場所国立大学法人東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂
開催概要プログラム等詳細は こちらのポスターをご参照ください
(埼玉大学のHPよりダウンロードします。)
参加費無料
主催・共済首都圏北部4大学連合(埼玉大学・群馬大学・宇都宮大学・茨城大学)、東京医科歯科大学、医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)、首都圏北部地域産業活性化協議会
後援文部科学省、経済産業省関東経済産業局、一般社団法人研究産業・技術振興協会、埼玉県、さいたま市

平成25年度 経済産業省 産学連携評価モデル・拠点モデル実証事業(モデル構築事業)報告会

終了しました

本学は、産学連携評価モデル構築事業において、文部科学省及び経済産業省が開発した産学連携機能評価指標(共通指標)を基本に、医学系大学及び研究機関における研究・産学連携活動の特徴・傾向に応じた評価指標(追加指標)を追加することで、医療系に特化した産学連携評価システムの構築に取組んで参りました。さらにモデル実証事業「医療の見える化(ビジュアライズド・メディスン)による低侵襲医療の実現」を通じて、産学連携拠点での構築されたPDCAサイクルの評価制度や産学連携・人材流動化を促進させる制度改革を図りながら、実証・検証を行って参りました。
このたび、以下の通り産学連携に関わる大学・研究機関、産業界の皆様のご参考にしていただきたく、活動の概要をご紹介させていただく報告会を開催する運びとなりました。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時平成26年3月3日(月) 10:00 ~ 11:55
開催場所国立大学法人東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂
開催概要プログラム等詳細は こちらのポスターをご参照ください
参加費無料
主催国立大学法人東京医科歯科大学
共催医学系大学連携ネットワーク協議会(medU-net)

ワシントン大学ロースクール 教授 竹中俊子先生
「『米国連邦最高裁と連邦巡回控訴裁判所の対立によるコンピュータ関連技術・医療技術の特許保護の混迷』

終了しました

開催日時 2014年2月21日(金)18:00-20:00
場所 東京医科歯科大学3号館18階 講義室1
主催 国立大学法人東京医科歯科大学 産学連携推進本部
参加費 無料
講演内容・申込 内容・申込は こちらをご参照ください。

服部健一先生「新法(AIA)をさらに変える2014年の米国特許法」

終了しました

開催日時 2013年12月12日(木)18:30-20:30
場所 東京医科歯科大学 1号館西9階 特別講堂
主催 学際生命科学東京コンソーシアム
参加費 無料
講演内容 プログラム等詳細は こちらをご参照ください。

竹中俊子先生「医療産業のグローバル化と技術移転戦略」

終了しました

開催日時 2013年12月4日(水)17:30-19:45(懇親会 20:00-)
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂
主催 学際生命科学東京コンソーシアム
共催 ワシントン大学 ロースクール
参加費 無料
講演内容 プログラム等詳細は こちらをご参照ください。

BioJapan2013 アカデミックシーズ発表会

終了しました

医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)では、Bio Japan2013会期中に行われるアカデミックシーズ発表会の中で、medU-net11機関合同研究シーズ発表会を開催することといたしました。(本学からは2シーズを発表致します。)
是非この機会に、各機関の研究成果をご覧頂き、今後の産学連携活動のきっかけをしていただければ幸いです。この11機関共同でブース出展もしております。面談ブースも用意しておりますので、是非お立ち寄りくださいませ。

日時 2013年10月9日(水)、10月11日(金)※Bio Japan会期は、9日〜11日の3日間
開催概要 プログラム等詳細は こちらのポスターをご参照ください
場所 パシフィコ横浜 Bio Japan2013会場
アクセスマップはこちら
参加費 Bio Japan2013会場へは、別途入場登録が必要です。
招待状が必要な方は、medU-net事務局からお送りいたしますので、
[名前・所属・送付先住所・必要招待状部数]
を明記の上、下記問い合わせまで申請してください。
[問い合わせ先]
医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
medu-net.tlo※tmd.ac.jp(※を@に変えてください)
TEL 03-5803-4740
事務局 川上 亜耶

平成25年度「医療イノベーション人材養成プログラム」開講の御案内

終了しました

学際生命科学東京コンソーシアムにおきまして「平成25年度医療イノベーション人材養成プログラム」を下記の要項で開催することとなりました。日本の新成長戦略として掲げられるライフイノベーションを創出する為に不可欠な産学連携を担う人材、そのけん引き役となる人材養成を目指したプログラムです。ライフサイエンス分野の研究活動を促進し、研究成果を適切に取り扱うための知識・情報を効率的に獲得できるよう産学連携実務者を講師に迎え講義を行います。皆様、奮ってのご参加をお待ちしています。

主催 学際生命科学東京コンソーシアム
対象者 ライフサイエンス分野の産学連携・知的財産に特に関心のある方 (過去に受講経験のある方も歓迎致します)
日時 平成25年10月7日(月)〜平成26年2月27日(木)19:00〜20:30 週1〜2日(10月7・16日以外、原則火曜もしくは木曜)
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー大学院講義室4
講義内容 プログラム内容
申込URL 申込フォーム
主催団体について 学際生命科学東京コンソーシアムHP
締切 平成25年9月27日(金)*終了しました

第4回お茶の水コラボレーションセミナー

終了しました

産学連携学会では、首都圏を中心とした地域で産学官連携に興味を持つ方同士の情報交換やネットワーク作りに資する事を目的に、セミナーを定期的に開催させていただくこととしました。ご興味をお持ちの皆様方に是非お集まりいただきたく、ここにご案内申し上げます。

主催 非営利特定活動法人 産学連携学会
共催 研究・技術計画学会、医療系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日時 平成25年9月11日(水) 18時30分から20時(終了後に懇親会を開催)
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 共用講義室2
アクセスマップ(PDF/400KB)
参加費用 無料(懇親会費2,000円)
講演者 シズベルジャパン株式会社 尾形 偉幸 社長
講演テーマ 『シズベルの知財活動と日本の知財状況』
講演概要

『シズベルは知財の活用をグローバルに展開する会社であり、イタリアが発祥ですでに30年の歴史を有している。そのシズベルがどのように発展し、現在どのような知財活動を行っているかを具体的事例を交えつつ紹介する。また、そのようなシズベルから見て、日本の知財状況がどのようになっているかを、世界の知財動向との対比で論ずる。』

※講演会の後、簡単な懇親会を開催します。皆様方の積極的なご参加をお願いいたします。

medU-net主催「産学連携実務のためのバイオ入門講座」

終了しました

医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)では、バイオを基礎知識から習得したい方を対象に、これまで体系的に学んでこなかった「バイオ」について基礎的知識から学ぶための入門講座を下記の日程にて開催することといたしました。本講義は、全4回のセミナーとなっており、1回〜4回までご参加いただくことにより、バイオの基礎から応用を学べるよう構成されております。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

主催 医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
共催 東京医科歯科大学 産学連携推進本部
日時 <第1回目>2013年7月11日(木)13:00〜16:15
生命科学の基礎A「ゲノムから細胞へ」

<第2回目>2013年7月12日(金)9:00〜12:15
生命科学の基礎B「細胞から組織・臓器・個体へ」

<第3回目>2013年7月25日(木)13:00〜16:15
生命科学の応用課題としての医療A「免疫を知る。疾患を考える」

<第4回目>2013年7月26日(金)9:00〜12:15
生命科学の応用課題としての医療B「薬づくりから次世代医療への道を探る」
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー 21F 大学院講義室1
アクセスマップ(PDF/239KB)
参加費用 全4回参加の場合、3万円/各回1万円
medU-net法人会員:各回につき機関1名様無料
東京医科歯科大学在籍の教職員:全日程無料(開催校特典)
講演概要 プログラム等詳細は こちら(PDF/472KB)のポスターをご参照ください

東京医科歯科大学疾患バイオリソースセンター発足記念シンポジウム

終了しました

東京医科歯科大学疾患バイオリソースセンターは文部科学省特別経費「疾患バイオリソースセンター設置による産学官イノベーション推進研究拠点の形成」プロジェクト事業により設置されました。発足を記念して、バイオリソースバンク事業と日本の未来医療をテーマにシンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

日時 平成25年7月16日(火)13:00〜16:45(受付12:30〜)
場所 東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂(M&Dタワー2階)
講演概要 プログラム等詳細は こちらから

medU-net臨時総会

終了しました

今年度から、医学系産学連携推進協議会(medU-net)につきましては 様々な取り組みが新たにスタートいたします。 年間を通じて多くのセミナーや講習会を予定しており、産学連携に関する情報提供を活発化できるよう 取り組んでまいります。つきましては、下記のポスターの日程にて、medU-netの新しい会則や会員制度、 そして年間イベントをご紹介する臨時総会を行います。会員の皆様におかれましては、 是非ともご予定いただきご参集いただきたくお願い申し上げます。

主催 医療系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
共催 東京医科歯科大学 産学連携推進本部
日時 平成25年6月24日(水) 15時から
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂
アクセスマップ(PDF/245KB)
参加費用 無料
詳細 PDFをご覧ください(930KB)

学際生命科学東京コンソーシアム主催 特別講演会
『米国最新判例とヘルスサイエンス分野特許実務への影響』

終了しました

米国最高裁は、著作権と特許権の消尽に関する、Kirsaeng判決及びMonsant v.Bowman判決を3月19日と5月13日に出しました。 特に、Bowmanは遺伝子組み換え技術によって作り出された種の使用に消尽理論適用の可否を判断したもので、 生物遺伝資源へ消尽理論適用の限界を明らかにする重要な判決です。また、5月10日にはPrometheus最高裁判決を解釈し、 特許保護適格性の一般的判断基準を定義しなおすCLA Bank CAFC大法廷判決が出されました。本講演では、これらの判決を解説し、 欧州での実務とも比較しながら、ヘルスサイエンス分野における特許出願及びライセンス実務に影響を検討します。 尚、現在最高裁で審理中の単離DNAの特許適格性に関するMiriad事件についても解説します。 講師には、ワシントン大学ロースクール教授 早稲田大学大学院法務研究科客員教授 ニューヨーク州弁護士 竹中 俊子 氏 をお招きしており、 下記の要領で特別講演会を開催致します。皆さまのご参加をお待ちしております。

主催 学際生命科学東京コンソーシアム
共催 東京医科歯科大学 産学連携推進本部、医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日時 平成25年6月5日(水) 18時〜20時
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂
アクセスマップ(PDF/239KB)
参加費用 無料
講演概要 プログラム等詳細は こちら(PDF/472KB)のポスターをご参照ください

産学連携学会TR研究会キックオフセミナー

終了しました

産学連携学会TR研究会は、アカデミア発の医学系シーズの安全性や効果をヒトにおいて示すステップを産学連携の枠組みからどうフォローするかについて検討を行うべく、昨年末に立ち上げました。この度、厚生労働省 審査管理課 医療機器管理室長 浅沼 一成 氏をお招きし、下記の要領でキックオフセミナーを開催致します。皆さまのご参加をお待ちしております。

主催 産学連携学会TR研究会
共催 東京医科歯科大学 産学連携推進本部、医療系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日時 平成25年5月21日(火) 19時から20時30分
場所 東京医科歯科大学 3号館 3階 医学科講義室2
アクセスマップ(PDF/293KB)
参加費用 無料
講演者 厚生労働省 審査管理課 医療機器管理室長 浅沼 一成 氏
講演テーマ 「薬事法改正と医療機器開発シーズの製品化に向けたプロセスについて」
講演概要

医療機器は、他の機械製品と同様に短いサイクルで改善・改良が行われた製品が市場に供給される場合が多いことなど、医薬品と異なる特性を有しています。そこで、医療機器の特性を踏まえた制度改正を行い、医療機器の迅速な実用化と規制の合理化を図ることを目的とした「薬事法改正」が検討されています。その改正内容を説明するとともに、大学等の研究シーズを医療機器開発に結び付けるプロセスにおいて、マネジメントをどのように進めていくべきか等について、提言させていただきます。

第2回お茶の水コラボレーションセミナー

終了しました

産学連携学会では、首都圏を中心とした地域で産学官連携に興味を持つ方同士の情報交換やネットワーク作りに資する事を目的に、セミナーを定期的に開催させていただくこととしました。ご興味をお持ちの皆様方に是非お集まりいただきたく、ここにご案内申し上げます。第一回目はオリンパス株式会社の堀井部長に同社の今後の技術開発動向と産学官連携の取組についてお話いただき、ご参加いただいた皆様と討議の場を設けたいと思います。皆さま方の積極的なご参加をお待ちしております。

主催 非営利特定活動法人 産学連携学会
共催 研究・技術計画学会、医療系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日時 平成25年5月8日(水) 18時30分から20時(終了後に懇親会を開催)
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 共用講義室2
アクセスマップ(PDF/400KB)
参加費用 無料(懇親会費2,000円)
講演者 IMECオフィスジャパン セールスマネージャ 久保田 大志 氏
講演テーマ 「IMECのビジネスモデルから探る、産学連携の将来像」
講演概要

産学連携の重要性が叫ばれ、連携強化の動きはありますが、成功例はいまだ現れず、関係者の苦闘が続いています。 欧州での成功例として知られるIMECに顧客として5年駐在した後、IMECの日本地区担当に転職した演者から、IMECの取り組み方をお話しし、日本に応用可能なビジネスモデルとは何かをご一緒に考えていきたいと思います。

※講演会の後、簡単な懇親会を開催します。皆様方の積極的なご参加をお願いいたします。

カテゴリーサブメニューとサイドバー常駐メニュー

サイドバー読込中

このページの先頭へ