グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




臨床試験

われわれは胃癌に対する以下の研究グループに属して多施設共同の臨床試験に参加しております。臨床試験に適合する患者さんには担当医より詳しく説明がございます。

1.日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の多施設共同研究

JCOGとは国立がん研究センター研究開発費研究班を中心とした、がん治療開発のための共同研究グループです。

・JCOG1013 「切除不能進行・再発胃癌を対象としたS-1/シスプラチン併用(CS)療法とドセタキセル/シスプラチン/S-1併用(DCS)療法のランダム化第Ⅲ相試験」

・JCOG1104 「病理学的Stage II胃癌に対するS-1術後補助化学療法の期間短縮の意義を検討するランダム化比較第III相試験」

・JCOG1401 「臨床病期I期胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術および腹腔鏡下噴門側胃切除術の安全性に関する非ランダム化検証的試験」

2. 日本がん臨床試験支援機構(JACCRO)の多施設共同研究

JACCROは特定非営利活動法人で、がん治療開発のための共同研究グループです。

・JACCRO GC-07「StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験(START-2)」

・JACCRO GC-07AR「StageⅢ治癒切除胃癌症例におけるTS-1術後補助化学療法の予後予測因子および副作用発現の危険因子についての探索的研究」

3. 腹腔鏡下胃切除術研究会による多施設共同研究

・JLSSG0901「進行胃癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の安全性と根治性に関するランダム化II/III相試験」