グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 胃外科  > 先端医療について  > 肥満手術について

肥満手術について

はじめに

近年日本でも肥満は増加傾向にあり、一般的な基準とされるBMI 25 kg/m2以上の人は30%を占めるまでになり、高度肥満のBMI 35 kg/m2以上の人も0.5%の60万人はいるとされています。肥満の人は健康的にもさまざまな合併疾患をかかえることが多くなっています。
BMIとは、体格指数(Body mass index)のことで、体重(kg) ÷身長(m) ÷身長(m)で求めます。正常は18.5〜25とされています(単位 kg/m2)。

高度肥満に対して外科治療(手術)が長期的な減量効果をもたらすことが示され、2000年頃より日本でもさまざまな方法の腹腔鏡下手術が行われるようになりました。そのうち、当院では腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を行っています。

肥満は原発性肥満(一次性肥満)と、二次性肥満に分けられますが、薬物や内分泌疾患が原因である二次性肥満の場合にはその原因の治療が優先されます。重度の精神的疾患やアルコール依存が関与している場合にも適応については慎重に検討します。

手術適応

内科的な治療をおこなっても減量効果が十分に得られない方に対して、肥満に伴うさまざまな合併症を改善させる目的で手術をおこないます。

適応基準

日本肥満症治療学会が作成しているガイドライン(2013年版)を参考に、保険適応に従って決めています。

その適応は、年齢が18歳から65歳までの原発性肥満の方で、内科的な治療を6ヶ月以上受けるも十分な効果が得られない、BMI 35kg/m2以上かつ糖尿病、高血圧、脂質異常症のいずれか1疾患以上を有する患者となっています。

また、糖尿病、高血圧症または脂質異常症に関して5年以上の経験を有する医師によって外科治療の必要性が認められなければならないため、当院の糖尿病・内分泌・代謝内科を受診していただくこととなります。

適応除外基準

統合失調症などの精神疾患を有する場合は、肥満手術の適応となりません。

手術

手術の方法

腹腔鏡下スリーブ状胃切除

胃の外側(大彎側)を切除して、胃を縦型に袖状形成(スリーブ)します。胃の容量は約1/10に減少します。胃の切除は、自動縫合器を用いておこないます。
腹腔鏡、胃の切離や周囲の剥離操作をおこなうための器具の挿入は、腹部の5~6箇所の直径5~15mmのポートを通しておこないます(図1・2)。ポートの傷は、開腹手術よりもとても小さいので、整容面や術後の回復の早さなどにおいてメリットがあります。

図1 ポート配置について

図2 スリーブ状胃切除

手術治療により得られる効果

手術後半年から1年の間に、50〜70%の超過体重減少率(%EWL)が得られると見込まれます。
%EWL(超過体重減少率 excess weight loss)=体重減少量÷超過分の体重(現体重-理想体重)×100
(理想体重は、BMIが22となる体重で計算しています。)
例) 身長165cm, 体重110kgの方が80kgに減量した場合、%EWL=60%となります。

また、減量効果により糖尿病、高血圧、脂質代謝異常などの肥満に関連した健康障害が改善することが期待されます。肥満が関係する2型糖尿病に関しては、80%以上の改善率との報告があります。

手術に伴う合併症

以下に示すような合併症が報告されています。
① 深部静脈血栓症、肺塞栓症・肺梗塞(0.5〜4%):手術中から間欠的下肢圧迫をおこない、必要に応じて抗凝固治療をおこなって予防します。
② 呼吸不全:重篤な場合、人工呼吸器を使用したりする可能性があります。
③ 肺炎・無気肺
④ 心筋梗塞
⑤ 消化管出血(2%):縫合線が長いことも関係します。診断のためには内視鏡検査が必要で、場合によっては輸血が必要となります。
⑥ 縫合不全(0〜5%):難治性のことが多く、修復再手術が必要となることがあります。
⑦ スリーブの狭窄・捻れ:内視鏡的に拡張治療をおこなう場合があります。
⑧ 腸閉塞(1〜5%):食事の開始が遅れたり、治療用の経鼻チューブ挿入が必要となる場合があります。
⑨ 逆流性食道炎(6.5%):手術前に重度の胃食道逆流がある場合にはスリーブ手術はおこないません。
⑩ 栄養吸収障害:術後、外来で定期的に面談・検査等を行い栄養状態の評価をおこないます。
⑪ 腹壁創部感染
⑫ 皮下気腫:手術で使用する気腹の炭酸ガスが皮膚の下に入り込んでしまうことがありますが、多くの場合自然に吸収され治癒します。
⑬ 腹壁瘢痕ヘルニア(15〜20%):腸閉塞の原因になることがあるので、修復する再手術が必要となります。
⑭ その他(脳梗塞など)
なお、以上のような合併症が生じたとき、再手術や入院期間の延長に伴い、医療費(患者負担)が増える場合があります。

手術に伴う危険性

海外の成績では、腹腔鏡下スリーブ状胃切除では0.2%の死亡率と報告されています。日本においてはまだ十分な集計がなされていません。

手術後の経過

術後翌日には飲水の開始、2〜3日目より粥食から食事の開始となります。合併症がなく経過した場合は術後1週間以内の退院を見込んでいます。

術後の食生活

手術後の食事は手術前と比べて大きく変化します。適切な食生活をするために、栄養士による綿密な指導を行います。不適切な食事のしかただと、嘔吐や嘔気が続いたり、リバウンドが起こったりします。
高蛋白低エネルギーとした調整食(フォーミュラ食)を用いて、手術前から食事量の管理を行います。

費用について

2014年4月より、わが国では腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が保険収載されています。しかし当院は、保険診療を行うための施設基準を満たしていないため、現在は自費診療で行っております。

費用の詳細に関しては担当医へお尋ね下さい。