グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 胃外科  > 診療内容

診療内容

当科は胃がんに対する外科手術を中心に診療を行っています。


当科は胃がんに対する外科手術を中心に診療を行っています。
当科の特色は
 ①低侵襲治療
 ②集学的治療
 ③先進医療、臨床試験
 ④大学病院としての診療
です。

特色① 低侵襲治療

積極的に低侵襲手術(腹腔鏡、およびロボット)を行っています。当院は、数ある専門施設や大学病院を抑え、
都内では最も多くのロボット支援下手術の 症例数を誇っています。
最新のda Vinci Xiシステムを用いたロボット支援下手術(保険適応)を腹腔鏡手術と同じ費用(患者負担)で
受けることができます。

特色② 集学的治療

内視鏡的切除は消化器内科、全身化学療法は消化器化学療法外科の専門家と密に連携をとりつつ診療を行っています。
初診時に切除不能と診断された場合であっても、化学療法がよく効いた患者さんに対しては、治癒を目指した手術
(conversion surgery)を積極的に行なっています。

特色③ 先進医療、臨床試験

JCOG(日本臨床試験研究グループ)試験を始め、多くの臨床試験に参加、主導しています。

特色④ 大学病院としての診療

複数の診療科、多職種を有しており、心疾患、呼吸器疾患などの併存症を伴う患者さんに対しても
安全に治療を行うことが可能です。