グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 胃外科  > 診療内容

診療内容

診療科の概要

当胃外科は胃の病気だけでなく、胃切除後の胆石症、鼠径ヘルニアや虫垂炎などの一般外科諸疾患の診断と治療も行っております。胃癌の腹腔鏡下手術に関しては、最も古くから日本で行っている施設の1つであり、多くの経験を有しています。

取り扱う主な疾患

胃癌、胃粘膜下腫瘍(GISTなど)、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、鼠径ヘルニア、虫垂炎、病的肥満症に対する外科治療など

主な診断・治療法

内視鏡治療(EMR、ESD、APC)、腹腔鏡下手術( 腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下ヘルニア修復術) など、胃疾患の先進的な診断と治療(手術)をはじめ、一般外科領域の最新治療まで行っています。

高度な先進医療

胃癌の内視鏡的切除術(EMR、ESD)や腹腔鏡下切除術を1999年より開始した経験を活かし、先進的な診療として進行胃癌や胃全摘術などにも腹腔鏡下手術を提供しています。
病的肥満に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除を開始しています。

診療科の研究テーマ

胃癌の新低侵襲治療法(内視鏡的、腹腔鏡的)、新しい手術関連機器の開発、胃癌の予後因子や化学療法の標的因子の分子生物学的同定など

平均在院日数

 平均在院日数(入院日と退院日を含む)は、急性期病院の臨床的総合力を反映している可能性があるとも言われています。平均在院日数を短くするためには、入院から退院に至るまで、正確な診断や適切な治療など多様な医療技術が必要とされるからと考えられます。
 当科では、1991年から腹腔鏡下幽門側胃切除術を導入し、2001年からクリニカルパスの運用を開始しています。この長い経験を活かした結果、当科の胃の手術に関する平均在院日数は全国でも有数の成績となっています。平成26年度のDPC全国統計では、腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍)の平均在院日数が全国で1番短い病院であることが示されております。

 当科の胃癌の手術について詳しく知りたい方は「胃癌の手術について」をごらん下さい。