グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 胃外科  > 臨床試験について

臨床試験について

当科はJCOG(日本臨床試験研究グループ)試験を始め、多くの臨床試験1)に参加、主導しています。臨床試験を通して、より質の高い診療を目指しています。また、先進医療として、通常の保険診療では行えない治療を受けていただくことも可能です。臨床試験の参加については、十分な説明をしたうえで、患者さんの判断を尊重しております。臨床試験の候補となる患者様には担当医より説明させていただきますので、詳細は担当医よりお伺いください。

 1) 患者さんに参加・協力していただいて治療法や診断法の有効性や安全性を調べる研究のことをいいます。
  現在行われている多くの治療法や診断法も、国内および海外で行われた臨床試験によって進歩して
  きました。

現在、当科の医師が主導、参加している主な臨床試験は以下の通りです。

1. 高度リンパ節転移を有するHER2陽性胃がんに対する術前トラスツズマブ併用化学療法の意義に関する
  ランダム化第II相試験(JCOG1301C)
2. 病理学的Stage II/III高齢者胃がんに対する開始量を減量したS-1術後補助化学療法に関する
  ランダム化比較第III相試験(JCOG1507)
3. 局所進行胃がんに対する術前術後化学療法の術後補助化学療法に対する優越性に関する
  ランダム化比較第III相試験(JCOG1509)
4. 高度リンパ節転移を伴う進行胃癌に対する3剤併用術前化学療法
  (ドセタキセ ル+ オキサリプラチン+ S-1)の第II相試験(JCOG1704)
5. 進行胃がん根治術における大網切除に対する大網温存の非劣性を検証する
  ランダム化比較第III相試験(JCOG1711)
6. 大弯に浸潤する胃上部進行胃がんに対する腹腔鏡下(ロボット支援下)脾温存脾門郭清の
  安全性に関する第II相試験(JCOG1809)
7.  StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法の
  ランダム化比較第Ⅲ相試験(JACCRO GC-07 START-2)
8. StageⅢ治癒切除胃癌症例におけるTS-1術後補助化学療法の予後予測因子および副作用発現の危険因子についての
  探索的研究(JACCRO GC-07AR)
9. 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の安全性と根治性に関するランダム化II/III相試験(JLSSG0901)