グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




内視鏡的切除

内視鏡的切除(内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD))では、内視鏡(胃カメラ)で特殊な器具を用いて取り残しがないようにがんを切除します。胃を残すことができるので、手術後の生活の質(Quality of Life, QOL)を保つことができます。
しかし、胃の周りにあるリンパ節は切除することができないので、ステージ1のなかでもがんが粘膜の表面にとどまり(T1)、リンパ節転移の可能性が限りなく低いごく早期の病変が対象となります。

内視鏡的切除を選択した場合でも、内視鏡治療では取りきれなかった、あるいは取りきれているが、治療前の予想よりも進達度(腫瘍の深さ)が深かったなどの理由で、リンパ節転移の可能性が比較的高いと考えられる場合には、追加での手術をおすすめすることがあります