グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 食道外科  > 診療内容  > 食道外科の扱う疾患について

食道外科の扱う疾患について

食道良性疾患から悪性疾患まで幅広く対応します

食道良性疾患:逆流性食道炎、バレット食道、食道裂孔ヘルニア、食道粘膜下腫瘍、食道アカラシア、特発性食道破裂など、外科治療を時に必要とする疾患に対応します。

食道悪性疾患:主に食道癌の内視鏡治療(ESD,EMR,APC,)放射線治療後の遺残再発へのESD,
進行食道癌への外科手術(鏡視下手術、開胸手術)、超進行癌への化学療法、放射線治療、バイパス術、ステント術、再発食道癌への集学的治療、緩和ケアまでどの病期の方にも対応します

一般外科疾患:主に鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術に対応します。