グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 消化管外科学分野  > 大腸・肛門外科  > ロボット手術について

ロボット手術について

ロボット手術では、ダ・ヴィンチという最先端の手術支援ロボットを用いることで、腹腔鏡下手術より精度の高い手術が可能と考えられています。術者はコンソールの中で、腹腔鏡で拡大された鮮明な3次元画像を見ながらコントロールハンドルで鉗子操作を行います。
ロボット手術の対象となる疾患は主に直腸がんであり、特に下部直腸がん(肛門に近い直腸がん)ではその利点を最大限に発揮します。東京医科歯科大学には最新式のda Vinci Xiが導入され、診療科長の絹笠は、前任地の静岡県立静岡がんセンターにて、国内最多となる直腸癌に対するロボット手術を施行し、その治療成績は国内外から高い評価を頂いております。

da Vinci Xi サージカルシステム

da Vinci Xi専用手術台

腹腔鏡下手術の場合

<腹腔鏡下手術とロボット手術の違い>
腹腔鏡下手術の場合、手術に使用する鉗子は実際の手の動きとは反対方向に動き、さらに直腸のような骨盤の深いところでは実際の手の動きより大きく動きます。また直線的な鉗子を用いるため、狭い骨盤内では操作の制限があり、腹腔鏡下手術の技術と工夫が必要となります。
ロボット支援で行う手術操作は、①実際の手の動きが鉗子に反映される直感的な操作、②人間の手の動きを模倣した多関節を持った鉗子であり、人間の手以上の自由な動き、③実際の手の動きを最大5:1まで縮尺して鉗子を動かすことによる繊細な動作が可能になります。このようなロボットの特性により、直腸がんの場合、術者は狭くて深い骨盤の中でも、容易に正確で繊細な手術が可能となります。
ロボット手術は最新の治療でありまだ健康保険の適応外となります。自由診療となりますので主治医にご相談ください。