グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 講習会  > TMDU講習会一覧  > 平成30年度講習会  > ★11/12(月)18:00-19:00
英語で研究倫理を考える

★11/12(月)18:00-19:00
英語で研究倫理を考える

講習会
『英語で研究倫理を考える』
資金提供者、規制当局、サイエンス/テクニカルジャーナルの編集者及び一般大衆は倫理指針や研究不正に関し、ますます用心深くなっています。
この講義は、倫理指針の必要性、研究不正の最も深刻な形態、特定の倫理指針の内容について説明します。
最後に、講師が提供する事例について、参加者の皆様にはグループ毎にディスカッションして頂きます。

※なお説明は、英語にて行われます。
※本講習会は録画して、WebClassにて後日配信予定です。
※本講習会は、統合研究機構の実施している各種講習会とは関係がございません。
※参加は、任意です。
日 時平成30年11月12日(月)18:00-19:00
場 所アクティブラーニング教室(M&Dタワー4F)
講 師David Kipler 氏
(カクタス・コミュニケーションズ株式会社/学術出版トレーナー・コンサルタント)
講 師
プロフィール
製薬会社、ジャーナル、著者等の生物医学コミュニケーションのスペシャリスト。
第一言語が英語ではない研究者が、より多くの読者や聴衆を獲得する為のサポートを得意とする。
バッファローのニューヨーク州立大学で歴史学の学位を取得後、来日。
20年間以上、日本やその他諸国の生物医学研究者と共に働く。
2005 年、BELS(Board of Editors in the Life Science)校正者資格取得。
更に、英語のリーディング・ライティング、医学英語の講師として、幅広い経験を持つ。
14年間、東邦大学医学部に勤務。その他、東京大学、慶応大学の医学部などでも講義を担当。
また生物医学の出版分野に長くかかわり、Journal of Epidemiology を初め、日本の様々な学術誌の言語エディターを務める。
説明言語英語
講習内容- なぜ倫理基準は研究に必要なのか?
- 研究倫理の基本原則
- 研究不正:偽造、捏造、剽窃
- 倫理指針のよくある懸念
- 事例についてのディスカッション
定 員100名
ビデオWebClassで公開しています。
WebClassはこちら 
視聴方法はこちら
資料スライド
共 催リサーチ・ユニバーシティ推進機構 URA室
図書館
問合せ先図書・雑誌係 内線5598

講習会