left
     
spacer
dot パートナーズ・ハーバード・メディカル・インターナショナルとの医学教育提携
spacer
dot グローバルCOEプログラム
spacer
dot 21世紀COEプログラム
spacer
dot 地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム
spacer
dot がんプロフェッショナル養成プラン
spacer
dot 大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム
spacer
dot 現代的教育二一ズ取組支援プログラム
spacer
dot 大学病院連携型高度医療人養成推進事業
spacer
dot 大学教育の国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)
spacer
dot 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム
spacer
dot 質の高い大学教育推進プログラム
spacer
dot 特色ある大学教育支援プログラム
spacer
dot 大学院教育改革支援プログラム
spacer
dot 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ
spacer
dot 科学技術振興調整費によるプログラム
spacer
dot 新興・再興感染症研究拠点形成プログラム
spacer
dot 独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進
spacer
dot 分子イメージング研究プログラム
spacer
dot ライフサイエンス分野の統合データベース整備事業
spacer
dot 日本学術振興会 先端研究拠点事業
spacer
dot 大学教育の国際化加速プログラム(国際共同・連携支援(総合戦略型))
spacer
dot 産官学連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)
spacer
dot 特別教育研究経費によるプログラム
spacer
dot 政策課題対応経費
spacer
   
spacer spacer ハーバード・メディカル・インターナショナルとの医学教育提携
Tokyo Medical and Dental University and Partners Harvard Medical International, Inc. Alliance for Medical Education
     
ハーバード・メディカル・インターナショナルとの医学教育提携

 

本学では、平成14年度にHMI(ハーバード・メディカル・インターナショナル、平成20年からPHMI /パートナーズ・ハーバード・メディカル・インターナショナル)との医学教育提携契約を締結しました。この提携は、世界トップレベルの医師、歯科医師、コ・メディカル・スタッフを育成するとともに、世界をリードする医学・歯学研究者を養成することを目標としています。現在、世界最先端の医学教育方法の研究及び研修のために、ハーバード大学教員を本学へ招聘するばかりでなく、多数の本学教員をハーバード大学に派遣し、教育研修を実施し、着実に成果を上げています。また、この教育連携の大きな特色としては、本学医学部医学科の正規のカリキュラムとして、「ハーバード大学の学生と共に学ぶ臨床実習」が選択コースとして設定されており、年々充実を図り、過去5年間で32名の学生が参加し、大きな成果を上げています。

詳細ページはこちら→
 
line
   
spacer spacer グローバルGCOEプログラム
Global COE Program
     
spacer
平成14 年度から文部科学省において開始された「21 世紀COEプログラム」の評価・検証を踏まえ、その基本的な考え方を継承した「グローバルCOEプログラム」に、東京医科歯科大学からは下記のプログラムが採択されました。このプログラムは大学院の教育研究機能を一層充実・強化し、世界最高水準の研究基盤の下で世界をリードする創造的な人材育成を図ること、国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し国際競争力のある大学づくりを推進することを目的としています。
 
平成20〜24年度
dot 歯と骨の分子疾患科学の国際教育研究拠点
  事業推進責任者:難治疾患研究所長 野田 政樹 教授
 
line
   
spacer spacer 21世紀COEプログラム
21st Century COE Program
     
spacer
国際競争力のある個性輝く大学づくりを推進することを目的とした21世紀COEプログラム(COE:卓越した研究・教育拠点)に、下記の2件のプログラムが採択(平成15年度)されました。いずれも我が国の大学に世界最高水準の研究教育拠点を学問分野毎に形成し、世界的研究の推進と世界をリードする創造的な人材育成を図るためのプログラムです。
 
平成15〜19年度
dot 歯と骨の分子破壊と再構築のフロンティア
  拠点リーダー:大学院医歯学総合研究科
器官システム制御学系専攻 野田 政樹 教授
 
平成15〜19年度
dot 脳の機能統合とその失調
  拠点リーダー:大学院医歯学総合研究科
認知行動医学系専攻 水澤 英洋 教授
 
line
   
spacer spacer 地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム
Support Program for Medical Training to Address Community Needs
     
spacer
へき地医療を含む地域医療を担う医療人や患者本位の全人的医療を実現できる医療人の養成を目的としたプログラムに、下記のプログラムが採択されました。
 
平成16〜19年度
dot 基本的臨床能力の評価システムの開発・展開
  事業推進責任者:医歯学教育システム研究センター 
奈良 信雄
教授
 
line
   
spacer spacer がんプロフェッショナル養成プラン
Human Resource Development Plan for Cancer
     
spacer
このたび、本学が中心となって文部科学省に申請した「がん治療高度専門家養成プログラム」が採択されました。この事業は、文部科学省が全国国公私立大学に「がんプロフェッショナル養成プラン」として公募したもので、大学のがん治療の教育を活性化し、がん医療を担う医療人養成を推進させるために、質の高いがん専門医等を養成し得る優れたプログラムに財政支援を行うというものです。全国で18件のプログラムが採択されています。
 
平成19〜23年度
dot がん治療高度専門家養成プログラム
  事業推進責任者:大学院医歯学総合研究科 
副研究科長 大野 喜久郎 教授
 
line
   
spacer spacer 大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム
Program for Promoting University Education and Student Support Theme A:
Program for Promoting University Education Reform
     
spacer
大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム(大学における教育の質保証の取組の高度化)は、各大学等における学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国の高等教育の質保証の強化に資することを目的としています。本学からは、下記プロジェクトが採択されました。
 
平成21〜23年度
dot コンピュータによる診療模擬実習の展開─ 医療専門職の推論・判断・解決・連携能力を向上させる、コンピュータシミュレーション実習 ─
  事業推進責任者:歯学部 口腔保健学科  木下 淳博 教授
 
line
   
spacer spacer 現代的教育二一ズ取組支援プログラム
Support Program for Contemporary Educational Needs
     
spacer
文部科学省の「現代的教育二一ズ取組支援プログラム」は、各種審議会からの提言等、社会的要請の強い政策課題に対応したテーマ設定を行い、各大学等から応募された取組の中から、特に優れた教育プロジェクト(取組)を選定し、財政支援を行うことで、高等教育の活性化が促進されることを目的とするものです。本学からは下記プロジェクトが採択されました。
 
平成19〜21年度
dot ICT活用教育と従来型臨床現場実習の連携
  取組責任者:歯学部長 田上 順次 教授
 
平成16〜19年度
dot 国際的医療人育成のための先駆的教育体系
  取組責任者:医学部長 大野 喜久郎 教授
 
line
   
spacer spacer 大学病院連携型高度医療人養成推進事業
University Hospitals Collaborative Project to Develop Advanced Medical Specialists
     
spacer
本事業は、複数の大学病院が緊密に連携・協力しそれぞれの得意分野での相互的な補完を図ることで、各病院等を循環しながら修練や幅広い経験を積むことができる医師キャリア形成システムを構築するとともに、大学病院の若手医師に多様なキャリアパスを明確に示すことにより、若手医師が将来に希望を持ちながら安心して研修に専念でき、国民の要請に応えられる質の高い専門医や臨床研究者の養成に貢献することを目的としています。
 
平成20〜24年度
dot 都会と地方の協調連携による高度医療人養成─「付加価値」を身につけるテーラーメイド研修─
  取組責任者:医学部附属病院長  坂本 徹 教授
 
line
   
spacer spacer 大学教育の国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)
Support Program for the Internationalization of University Education
     
spacer
高等教育の国際的通用性・共通性の向上と国際競争力の強化を目的として海外の大学等との積極的な連携をはかる特に優れた取組として下記のプログラムが採択されました。
 
平成17〜20年度
dot 医療グローバル化時代の教育アライアンス
  取組責任者:大学院医歯学総合研究科
環境社会医歯学系専攻 高野 健人 教授
 
line
   
spacer spacer 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム
Remedial Training Program
     
spacer
社会人の「学び直し」のニーズに対応するため、大学等における幅広い教育研究資源を活かした優れた学修プログラムを開発・実施することにより、学び直しに資する良質な教育プログラムの普及を図り、再チャレンジを可能とする柔軟で多様な社会の実現を目指しています。
 
平成20〜22年度
dot 医師不足、診療科偏在の解消に向けたママさんドクター・リターン支援プログラム
  取組責任者:医歯学教育システム研究センター 奈良 信雄 教授
 
平成19〜21年度
dot 社会的なニーズに対応した歯科衛生士および歯科技工士への再教育プログラム
  取組責任者:歯学部附属口腔保健教育研究センター長 
高木 裕三 教授
 
平成19〜21年度
dot 中堅看護師のキャリアトランジションニーズに対応した学び直し教育プログラム
  取組責任者:大学院保健衛生学研究科
在宅ケア看護学分野 本田 彰子 教授
 
line
   
spacer spacer 質の高い大学教育推進プログラム
Support Program for High-quality University Education
     
spacer
文部科学省の「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」は、大学設置基準等の改正等への積極的な対応を前提に、各大学・短期大学・高等専門学校から申請された、教育の質の向上につながる教育取組の中から特に優れたものを選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国全体としての高等教育の質保証、国際競争力の強化に資することを目的としています。本学からは下記プロジェクトが採択されました。
 
平成20〜22年度
dot 医療と造形
  取組責任者:大学院医歯学総合研究科 三浦 宏之 教授
 
平成20〜22年度
dot 下級生が上級生に教わる歯科臨床体験実習
  取組責任者:歯学部口腔保健学科 木下 淳博 教授
 
line
   
spacer spacer 特色ある大学教育支援プログラム
Support Program for Distinctive University Education
     
spacer
特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)は、優れた大学教育を財政支援し、日本の高等教育を活性化することを目的として文部科学省が選定するものです。平成17年度は全国の大学・短期大学から410件の応募があり、東京医科歯科大学から申請した下記取組を含む47件が採択され、平成17年度〜20年度まで実施されます。
 
平成17〜20年度
dot 医歯学シミュレーション教育システムの構築
  取組責任者:歯学部口腔保健学科 木下 淳博 教授
 
line
   
spacer spacer 大学院教育改革支援プログラム
Support Program for Improving Graduate School Education
     
spacer
「大学院教育改革支援プログラム」は社会の様々な分野で幅広く活躍する高度な人材を育成する大学院博士課程、修士課程を対象として、優れた組織的・体系的な教育取組に対して重点的な支援を行うことにより、大学院教育の実質化を推進することを目的としています。また、採択された取組を広く社会に情報提供することで、今後の大学院教育の改善に活用します。
 
平成20〜22年度
医療系
dot 歯科医学における基礎・臨床ボーダレス教育
  取組実施担当者:大学院医歯学総合研究科 森田 育男 教授
 
平成20〜22年度
医療系
dot 看護学国際人育成教育プログラム
  取組実施担当者:大学院保健衛生学研究科 佐々木 明子 教授
 
平成19〜21年度
理工農系
dot 国際産学リンケージプログラム
  取組実施担当者:大学院生命情報科学教育部長 田中 博 教授
 
平成19〜21年度
医療系
dot 大学院から医療現場への橋渡し研究者教育
  取組実施担当者:大学院医歯学総合研究科長 田上 順次 教授
 
line
   
spacer spacer 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ
Initiatives for Attractive Education in Graduate Schools
     
spacer
文部科学省の「『魅力ある大学院教育』イニシアティブ」は、現代社会の新たなニーズに応えられる創造性豊かな若手研究者の養成機能の強化を図るため、大学院における意欲的かつ創造的な研究者養成に関する教育的取組に対し重点的な支援を行うことにより、大学院教育の実質化(教育の課程の組織的展開の強化)を推進することを目的としています。
また、採択された取組を広く社会に情報提供することで、今後の大学院教育の改善に活用します。
 
平成18〜19年度
dot 医歯学領域における次世代高度専門家教育
  取組実施担当者:大学院医歯学総合研究科長 田上 順次 教授
 
line
   
spacer spacer 科学技術振興調整費によるプログラム
Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology
     
spacer
科学技術振興調整費は、科学技術会議の方針に沿って科学技術の振興に必要な重要研究業務の総合推進調整のための経費として、昭和56年度に創設されたもので、各省庁、大学、民間といった既存の研究体制の枠を超えた横断的・総合的な研究開発の推進を主たる目的としています。
 
平成20〜22年度
dot 女性研究者への革新的支援
  研究代表者: 大山 喬史 学長
 
平成18〜22年度
dot メディカル・トップトラック(MTT)制度の確立
  研究代表者:難治疾患研究所長 野田 政樹 教授
 
平成17〜21年度
dot バイオ医療オミックス情報学 人材養成
  研究代表者:情報医科学センター長 田中 博 教授
 
平成17〜21年度
dot 医歯工連携による人間環境医療工学の構築と人材育成
  課題代表者:生体材料工学研究所長 山下 仁大 教授
 
平成16〜20年度
dot ライフサイエンス分野知財評価員養成制度
  研究代表者:大学院疾患生命科学研究部 萩原正敏 教授
 
平成18〜19年度
dot 整体の分子作用と科学的評価法の開発
  研究代表者:難治疾患研究所長 野田 政樹 教授
 
平成17〜19年度
dot 網羅的疾患分子病態データベースの構築
  研究代表者:情報医科学センター長 田中 博 教授
 
平成17〜19年度
dot 犯罪、行動異常、犯罪被害等の現象、原因と、
治療、予防の研究
  研究代表者:難治疾患研究所長 野田 政樹 教授
 
line
   
spacer spacer 新興・再興感染症研究拠点形成プログラム
Program to Create an Infections Diseases Research Center
     
spacer
現行の研究ネットワークを拡充することを目的として、新興・再興感染症の発生国あるいは発生が想定される国に、現地研究機関との協力のした、既設の研究施設を活用して新規かつ小規模な海外研究拠点を設置し、我が国の研究者が恒常的に現地で研究を行うことができる体制を整備することが可能であるかを探るための予備調査研究提案が平成18年度に採択され今年度も継続事業が認められました。
 
平成20〜21年度
dot 西アフリカ地域の研究拠点を核とした感染症研究の戦略的展開
  研究代表者:大学院医歯学総合研究科  環境社会医歯学系専攻 太田 伸生 教授
 
line
   
spacer spacer 独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進
Japan Science and Technology Agency Project to Develop "inovative seeds" Supporting
Program for Creating University Ventures
     
spacer
この事業は、大学の独創的シーズを基盤に、ベンチャー企業を創出推進することを目指しています。基礎研究、臨床応用、産学連携を通して、大学の基盤技術を企業に技術移転し、新しい産業の創出、研究成果の社会への還元を目指します。
 
平成20〜22年度
dot ディスポ式、磁気浮上遠心血液ポンプの研究開発
  研究代表者:生体材料工学研究所 谷 節雄 教授
 
line
   
spacer spacer 分子イメージング研究プログラム
Molecular Imaging Research Program
     
spacer
生物が生きた状態のまま外部から生体内の遺伝子やタンパク質などの様々な分子の挙動を観察する分子イメージング技術について、PET(Positron Emission Tomography)を中心としたイメージング技術を利用し、創薬プロセス改革、疾患の診断技術及び治療の評価技術の開発を目指します。
 
平成19〜21年度
dot 難治感染症に対する新規治療薬開発のためのイメージング研究
  研究責任者:大学院疾患生命科学研究部 萩原 正敏 教授
 
line
   
spacer spacer ライフサイエンス分野の統合データベース整備事業
The Integrated Database Project
     
spacer
現在、我が国のライフサイエンス分野の国内主要データベースの統合化と継続的な維持方策の必要性が指摘されています。そこで本事業では、我が国のライフサイエンス関係のデータベースの利便性の向上を図るため、我が国のライフサイエンス関係データベース整備戦略の立案・評価支援、データベース統合化の基盤技術開発、ポータルサイトの整備等を行い、統合化を推進します。
 
平成19〜22年度
dot 統合医科学データベース構築方式の開発
  研究代表者:情報医科学センター長 田中 博 教授
 
line
   
spacer spacer 日本学術振興会 先端研究拠点事業
JSPS Core to Core Program
     
spacer
先端拠点事業は、先端的な学問領域において、日本と複数の先進諸国の中核的な研究拠点機関間のネットワークを形成し、従来の二国間交流の枠を超えた多国間交流として、より一層の国際共同研究の推進を図るとともに、将来を担う次世代の若手研究者間の交流促進を目的としたもので、本学では下記のプログラムが採択されました。
 
平成16〜20年度
dot 骨・軟骨疾患の先端的分子病態学研究の国際的拠点形成
  コーディネーター:難治疾患研究所長 野田 政樹 教授
 
line
   
spacer spacer 産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)
Project for the Strategic Development of Industry-University-Government(I-U-G)
Collaboration
     
spacer
産学官連携戦略展開事業は、国際的な基本特許の権利取得などを図る国際的な産学官連携体制の強化や国公私立大学間連携等による地域の多様な知的財産活動体制の構築など、大学等の活動としては実施のリスクが高く、かつ、国として政策的観点から積極的に促進すべき活動を重点的に支援し、産学官連携活動全体の質の向上を図ることを目的とした事業です。
 
平成20〜24年度
dot 国際的な産学官連携活動の推進
  取組責任者: 知的財産本部技術移転センター長
小林 応明 特任講師
 
line
   
spacer spacer 特別教育研究経費によるプログラム
Special Funds for Education and Research
     
spacer
特別教育研究経費は社会経済の変化や学術研究の進展性を踏まえ、特に配慮が必要となる諸課題に対応した各国立大学法人が取り組む事業等への支援を目的とします。本学の採択プロジェクトは以下の4件です。
 
dot センシングバイオロジーにおける基盤技術の戦略的推進事業
  取組責任者:生体材料工学研究所 三林 浩二 教授
 
dot 硬組織疾患研究プロジェクト
  取組責任者:硬組織疾患ゲノムセンター長 野田 政樹 教授
 
dot 国際的な生命倫理学に関する研究創出事業
  取組責任者:生命倫理研究センター長 水谷 修紀 教授
生命倫理研究センター »
 
dot ケミカルバイオロジー推進基盤整備事業
  取組責任者:大学院疾患生命科学研究部長 鍔田 武志 教授
 
line
   
spacer spacer 政策課題対応経費
Funds for Subjects Related to Policies
     
spacer
政策課題対応経費は国立大学として緊急に対応し、かつ、社会に対して早急な成果の発信が望まれる取り組みへの支援を目的とします。本学からは下記のプログラムが採択されました。
 
dot 国際性豊かな医療人・世界的競争に打ち勝つことのできる研究者の養成
  取組責任者:医学部長 大野 喜久郎 教授
 
dot 医歯学系大学における教養教育モデルの形成─東京医科歯科大学におけるリベラルアーツ教育の高度化─
  取組責任者:教養部長 和田 勝 教授
 
line
 
to pagetopこのページのトップへ戻る
 
right
space
copyrightこのサイトについてお問い合わせプライバシーポリシー
東京医科歯科大学
e_name Sitemap
   
go to english page
retop 大学案内 教育研究組織 附属病院 採用・公募 学内専用情報
spacer