グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野  > 藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語

藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語

 本分野OBの藍 稔先生のコラムを掲載いたします.


第1回は,ある咬合器にまつわる不思議な縁についてのお話です.
 昭和50年に発刊された「下顎運動と咬合器」の中で紹介されたSchröder-Trebitschの咬合器は,編纂当時「この咬合器についての論文は見当たらず,発表された年代も1930年前後としかわからない(166ページより抜粋)」詳細不明な咬合器でした.しかしその後,「偶然というか,奇跡的とでもいうか(本コラムより抜粋)」,著者はこの咬合器の考案者と一度だけめぐり会うこととなります.そのときの資料をもとに,40年以上の時を経て論文の内容に新たな追加と訂正を試みます.


第2回は,下顎運動についてのお話です.
Posselt figureとして有名な下顎運動範囲の形を,独自の手法で記録することを試みていた大学院生時代のお話です.


第3回から第5回まで「遊び」というキーワードをもとに,身近な遊びから咬合の中に潜む遊びの意味を考察していきます.

3部作の「その1」は,導入として一般的な「遊び」について論じます.


3部作の「その2」は,日常に潜む機能的な(特別な)「遊び」についてのお話です.


3部作の「その3」は,咬合の中で遊びの意味と,その程度が顎の機能に及ぼす影響についてのお話です.


第6回は五重塔についてのお話です.
 
建立から何百年もの間,地震や大風にさらされても倒壊しない五重塔のしなやかな構造の検証から,連結強度を求められるとされる補綴装置の構造に対して,敢えて疑問を投げかけます.


今回は,短編3話からなります.

日常の中で感じた,少し可笑しい話を,藍先生の目線でお話しくださいます.


第8回は人工歯についてのお話です.

パーシャルデンチャー用の人工歯(リブデントEXパーシャル)の開発に際し,咬合面の形態までを議論するか否か議論になった経験を通して,Gysiの軸学説と咬合小面学説を考察します.


第9回は咬合湾曲についてのお話です.

下顎歯列を側方より観察した際,その咬頭を連ねると上に向かって凹湾した線に見える,いわゆるSpee湾曲について,実際のSpeeの論文を取り上げて考察します.


前回概説されたSpee湾曲はどのように出来たのか?

今回は,国立科学博物館ホームページの標本・資料データベースで閲覧できる,縄文時代,古墳時代,中世期,江戸時代の頭蓋骨標本をもとに,Spee湾曲の出現についての仮説を述べます.


前々回,前回に詳述したSpee湾曲に関連し,今回は咬合再建において,どのように咬合湾曲を付与するかについて,歴史的な背景も踏まえ,解説します.