グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > プレスリリース > ニキビの原因「アクネ菌」が難病の原因細菌であることを解明【江石義信 教授】

ニキビの原因「アクネ菌」が難病の原因細菌であることを解明【江石義信 教授】

江石 義信 教授 大学院医歯学総合研究科 人体病理学分野 (右) 根木 真理子 助教 医学部附属病院病理部 (左)

江石 義信 教授 大学院医歯学総合研究科 人体病理学分野 (右)
根木 真理子 助教 医学部附属病院病理部 (左)


- 難病サルコイドーシス治療の意外なターゲット細菌 -


 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科・人体病理学分野の江石義信教授の研究グループは、独自に開発したアクネ菌菌体成分に対する抗体を用いて病変部組織を解析し、日本およびドイツのサルコイドーシス患者さんの約8割前後で、病変部肉芽腫内にアクネ菌が局在していることを病理組織学的に証明しました。異物肉芽腫はもとより結核やライなど感染性微生物が原因となる肉芽腫疾患においては、その原因物質は肉芽腫内に存在することが前提となります。サルコイドーシス肉芽腫細胞内にアクネ菌の存在を同定した今回の研究成果は、健常人の皮膚毛包内に細胞外棲息しニキビの原因として知られていたアクネ菌が、原因不明の難病サルコイドーシスにおいて原因細菌となっていることを示す決定的な知見となり、「結核菌原因説」が主流であった欧米諸国においても「アクネ菌原因説」が注目されることになりました。本研究成果は、アメリカ・カナダの病理学会機関雑誌である国際科学雑誌「Modern Pathology」に2012年5月18日付オンライン版で発表されました。

ポイント

原因不明の全身性肉芽腫疾患サルコイドーシスの病変部肉芽腫内に Propionibacterium acnes(アクネ菌)の局在が証明され、本菌がサルコイドーシスの原因細菌であるという決定的証拠が得られました。
日本だけでなく、結核菌原因説が主流であった欧米のサルコイドーシス患者においても、約8割の症例で病変部肉芽腫内にアクネ菌が検出され、本菌が普遍的にサルコイドーシス肉芽腫形成の原因細菌である可能性があります。
副作用の強いステロイド剤以外に治療法がなかった難治疾患サルコイドーシスに対して、今後は抗菌剤を用いた新規治療法開発への応用が期待できます。

研究成果の概要と意義

サルコイドーシスとは

 日本において難病指定を受けているサルコイドーシスは、その発見以来130年以上が経過した現在においても原因不明とされる全身性肉芽腫疾患です。患者数は年々増加傾向を呈しており、厚労省への登録患者数は平成20年の時点で約2万人に達しています。発症年齢のピークは男性で20歳代後半、女性では20歳代後半と60歳代前半に二峰性のピークを呈します。認められる症状は罹患する臓器により、視力低下、咳、呼吸苦、皮膚の発疹、不整脈など、肉芽腫が出来た臓器の障害として出現します。サルコイドーシスは概して良性の経過を辿りますが、約3割の患者では慢性化や再発を繰り返します。肺の炎症が長期にわたり繰り返された症例では間質の線維化が進行して肺線維症を呈し呼吸不全により死に至ることもあります。我が国ではとくに中年女性の患者において心臓サルコイドーシスによる死亡例が多いことが特徴です。多くは肉芽腫形成が刺激伝導系を障害し不整脈による突然死を起こします。

研究成果の背景

 サルコイドーシスが結核と似ていることから、欧米では長年のあいだ結核菌がサルコイドーシスの原因細菌として疑われてきましたが、病変部から結核菌が培養されることはなく、肉芽腫内に結核菌を証明したとする報告もありません。日本では1978年から1984年にかけて旧厚生省難病研究斑により徹底した微生物学的検索が行われた結果、病変部リンパ節からアクネ菌が約8割の症例で分離培養され、結核菌やその他の微生物はまったく検出することができませんでした。ところがアクネ菌は皮膚に常在する偏性嫌気性グラム陽性桿菌であり、しかも他疾患検体からも約2割の症例でアクネ菌が分離培養されてきたことから、本菌を原因細菌と確定するには至りませんでした。江石教授らの研究グループは、病変部リンパ節をマウスに免疫することで病変部肉芽腫内に反応する抗体を作成しこれがアクネ菌の培養上清と特異的に反応すること、本症病変部リンパ節から多量のアクネ菌DNAが検出されること、本症患者にアクネ菌に対するアレルギー素因が存在することなどの研究経緯から、本菌がサルコイドーシスの原因細菌となりうるものと確信して研究を続けていました。

研究成果の概要

 通常、肉芽腫形成の原因物質は肉芽腫内部に検出されます。日本だけでなく欧米のサルコイドーシス患者においても約8割の症例で病変部肉芽腫内にアクネ菌が検出されることが判明し、「アクネ菌が普遍的にサルコイドーシス肉芽腫形成の原因細菌であること」を示す決定的な証拠となりました。そのため、「結核菌が原因細菌であること」を仮説として研究を行っていた欧米諸国においても注目される論文発表となりました。(掲載論文はOpen Access となっていますので、以下のアドレスから誰でも自由にご覧いただけます) http://www.nature.com/modpathol/journal/vaop/ncurrent/index.html

研究成果の意義

 サルコイドーシスのアクネ菌病因説(注1)は日本が世界に向けて発信できる独創性の高い研究です。サルコイドーシスに対する治療法は、副作用の強いステロイドを中心とする免疫抑制剤の投与以外にこれまで治療法が確立していません。これを機会に日本のサルコイドーシス基礎・臨床研究が大きく進展し、抗菌剤をはじめとした原因に対する根本的な治療法(注2)の開発が今後発展してゆくものと期待されます。

(注1)

図の説明
これまでの研究経緯から江石義信教授らの研究グループはアクネ菌病因説を以下のように仮説して研究を行っています。アクネ菌は外部環境から経気道的に侵入して不顕性感染することから、サルコイドーシスにおける初発病変は症状の有無にかかわらず肺や肺門部リンパ節であると考えられます。これらの臓器に細胞内潜伏感染するアクネ菌は、何らかの環境要因(ストレスや生活習慣等)を契機に内因性に活性化し細胞内増殖します。宿主要因として本菌に対するアレルギー素因を有する患者では、アクネ菌の細胞内増殖を契機に感染臓器局所で過度のTh1型アレルギー反応が起こり、感染型アクネ菌の拡散防止を目的とした肉芽腫形成が起こります。細胞内増殖の折に肉芽腫による封じ込めを逃れたいわゆる感染型アクネ菌は、病変部局所において新たな潜伏感染を引き起こす可能性があります。さらにリンパ向性あるいは血行性に拡がり、肺やリンパ節以外の全身諸臓器に新たな潜伏感染をおこす可能性もあります。全身に拡散した潜伏感染を背景として、同様な環境要因を契機にふたたび内因性活性化は起こり得ます。その場合、新たな潜伏感染局所でも同時多発的にアクネ菌の細胞内増殖が起こり、その結果として全身性肉芽腫形成を特徴とするサルコイドーシスの病態が形成されてくるものと想定されています。

(注2)

図の説明
アクネ菌病因説にもとづいて期待されるサルコイドーシスの新たな治療戦略について解説します。現在サルコイドーシスの唯一の治療法はステロイドに代表される免疫抑制剤の投与です。ステロイド剤はアレルギー反応を抑制することにより治療効果を発揮します。肉芽腫形成により感染型アクネ菌の拡散が封じ込められているとすれば、肉芽腫性炎症を抑制するステロイド剤の投与は、一方では新たな潜伏感染を引き起こす危険性もはらんでいます。疾病素因として本菌に対するアレルギー素因を有する患者では、内因性に本菌が活性化する度ごとに増菌局所で肉芽腫反応が生じてくるものと想定され、細胞内アクネ菌に感受性のある抗生物質の投与は、細胞内増殖菌の殺菌作用や内因性活性化の防止効果により肉芽腫形成の抑制や予防に効果があるかもしれません。また、本症からの完全緩解を目指すためには、活性化状態にある菌を抑制するだけではなく、代謝活性を低下させて宿主細胞内で生き残りをはかる潜伏感染状態のアクネ菌も含めて除菌する必要があります。ニキビ患者の治療に汎用されるミノマイシンが一部のサルコイドーシス患者さんに有効なのはアクネ菌に対する抗菌作用によるものかもしれません。今後は、サルコイドーシスにおけるアクネ菌除菌療法の開発と抗菌剤の有効性検定のための臨床研究を急ぐ必要があります。

問い合わせ先

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 人体病理学分野
教授:江石 義信(えいし よしのぶ)
TEL: 03-5803-5964, FAX: 03-5803-0123
E-mail: eishi.path(ここに@を入れてください)tmd.ac.jp