グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 先制医療実現化DOHaD研究プロジェクト

先制医療実現化DOHaD研究プロジェクト

本プロジェクトは、超高齢社会を迎えた我が国の最重要課題の一つである難治性慢性疾患を予防するため、成人病胎児起源説(Developmental Origin of Health and Disease, DOHaD)についてそのメカニズムを解明し、生殖・周産期からのアプローチにより先制医療を実現するための基盤を確立することを目的としています。本学附属病院で実施している母子コホート研究(Birth Cohort-Gene Environment Interaction Study in TMDU)をベースに、ヒト臨床に即した周産期リスクマウスモデルを作製し、周産期要因による疾患形質形成の分子機序の解明及び発症リスクを抑える周産期要件の科学的根拠の提示に取り組みます。

研究の背景

研究メンバー

   佐藤 憲子  准教授    分子疫学分野
   須藤 カツ子 非常勤講師  分子疫学分野
   今井 千裕  助教     分子疫学分野

   宮坂 尚幸  教授     医学部・小児周産期地域医療学
   和泉 雄一  教授     歯学部・歯周病学
   幸田 尚   准教授    エピジェネティクス分野
   片桐 さやか 助教     歯学部・歯周病学