グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 高齢者歯科学分野  > 活動報告(2020年度)

活動報告(2020年度)

このページの目次


2014年以降の全ての業績についてはこちらにまとめてあります。

論文

8Katheng A, Kanazawa M, Iwaki M, Arakida T, Hada T, Minakuchi S.
Evaluation of trueness and precision of stereolithography-fabricated photopolymer-resin dentures under different postpolymerization conditions: An in vitro study.
J Prosthet Dent 2020. (Articles In press).
IF 2.787
Stereolithography (SLA) additive manufacturing (AM) technologies have become popular for the fabrication of complete dentures; however, the trueness and precision of the dentures under different postpolymerization conditions remain unclear. This in vitro study was to investigate the effect of different postpolymerization times and temperatures on the trueness and precision of SLA dentures. The RMSE and color map data associated with the 30-minute and 40-°C condition corresponded to the greatest trueness and precision of all the SLA denture specimens considered.
7Katheng A, Kanazawa M, Iwaki M, Minakuchi S.
Evaluation of dimensional accuracy and degree of polymerization of stereolithography photopolymer resin under different postpolymerization conditions: An in vitro study.
J Prosthet Dent 2020.
IF 2.787
The appropriate postpolymerization of stereolithography (SLA) resins with the least effect on dimensional accuracy and with optimal polymerization is unclear. This in vitro study was to investigate the dimensional accuracy and degree of polymerization (DC) of a photopolymer resin for SLA with different postpolymerizing times and temperatures. The recommended parameters for SLA polymerization are 15 minutes and 40 °C. These conditions offered high dimensional accuracy, favorable surface tissue adaptation, and satisfactory DC.
6Hada T, Kanazawa M, Iwaki M, Arakida T, Soeda Y, Katheng A, Otake R, Minakuchi S.
Effect of printing direction on the accuracy of 3D-printed dentures using tereolithography technology.
Materials. 2020, 13 (15), 3405.
IF: 3.057
3Dプリンティング義歯に関する研究の第2報です.本研究は,SLA式3Dプリンティング義歯の「精度」に対する3種類の積層方向(0°,45°,および90°)の影響について調査し,45°でプリントした義歯の精度が,0°および90°と比較して最も小さいことが示唆されました.
5Inokoshi M, Nozaki K, Takagaki T, Okazaki Y, Yoshihara K, Minakucvhi S, Van Meerbeek B.
Initial curing characteristics of composite cements under ceramic restorations
J Prosthodont Res. 2020
IF:2.662
ジルコニア修復物下のレジンセメントは、光重合可能なのか?また、どの程度重合しているのか?この疑問に答えるべく、3種類のレジンセメントの初期重合挙動について調査した論文です。ジルコニアは光照射器からの光を減弱しますが透過することができ、必ず光照射をして光重合させることが重要であることが明らかとなりました。
4Inokoshi M, Kubota K, Yamaga E, Ueda K, Minakuchi S.
Postoperative bleeding after dental extraction among elderly patients under anticoagulant therapy
Clin Oral Investig. 2020
IF:2.812
抗凝固薬服用中の有病高齢者における抜歯後出血の発生率について調査した論文になります。リバーロキサバン(イグザレルト)は、ダビガトラン(プラザキサ)とエドキサバン(リクシアナ)に比べて有意に後出血の発生率が高いこと、またリバーロキサバン(イグザレルト)と抗血小板薬の併用は、後出血の発生につながりやすい可能性が明らかとなりました。
3Hada T, Kanazawa M, Iwaki M, Arakida T, Minakuchi S.
Effect of printing direction on stress distortion of three-dimensional printed dentures using stereolithography technology.
J Mech Behav Biomed Mater. 2020 July 9
<学位論文> IF: 3.372
近年,デジタル技術の進歩によって,CAD/CAMを用いた全部床義歯製作が普及しています.
本研究は, SLA式3Dプリンティング義歯の3種類の積層方向(0°,45°,および90°)の違いが咬合力荷重時の応力分布に与える影響について調査し,
45°でプリントした義歯の応力分布が,0°および90°と比較して最も小さいことが示唆されました.
2Tun Min Bo, Y Hama, N Akiba, S Minakuchi.
Utilization of denture adhesives and the factors associated with its use: a cross-sectional survey.
BMC Oral Health. 2020. 20(1):194.
<学位論文> IF: 1.911
義歯安定剤の使用実態及び使用するかどうかに関連する因子について、Webシステムを用いて1470名を対象として実施した大規模調査です。日本ではクリームタイプに続いて、クッションタイプが多く使用されていること、また部分床義歯よりも全部床義歯装着者の方が義歯安定剤を使用する者が多いこと、部分床義歯装着者では喫煙者の方が義歯安定剤を使用する者が多いことを明らかにしました。本論文はオープンアクセスなので、興味がある方はぜひお読みください。
1Hama, Y. Kubota, C. Moriya, S. Onda, R. Watanabe, Y. Minakuchi, S.
Factors Related to Removable Denture Use in Independent Older People: A Cross-Sectional Study
J Oral Rehabil. 2020 May.
IF: 2.304
690名の臼歯部咬合支持の減少がある地域在住高齢者を対象として、可撤性義歯を使用するかどうかに関連する因子を検討しました。全体として歯科受診をしているものは可撤性義歯を使用する傾向が認められ、また咬合支持減少した女性では学歴、咬合支持を喪失した男性では独居かどうか、女性ではTMIG Index(社会的役割)が可撤生義歯の使用と関連があることが分かりました。

学会発表

○2020年10月30th Annual Congress of the European College of Gerodontology: “Health Smiles, Longer Lives” (ECG 2020).(Web開催)
Awutsadaporn Katheng, Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Toshio Arakida, Tamaki Hada, Yumika Soeda, Ryosuke Otake, Shunsuke Minakuchi.
Evaluation of stereolithography in different post-curing conditions on the precision of photopolymer 3D resins.


○2020年6月 日本歯科補綴学会第129回学術大会(Web開催)
<一般口演>
根來大幹,金澤 学,宮安杏奈,浅見茉里,島田 亮,上原容子,渡辺昌崇,佐藤大輔,楠本友里子,安部友佳,馬場一美,水口俊介
『ショートインプラントを用いたIARPDの患者報告アウトカム』

○2020.4月 第75回日本歯科理工学会学術講演会(誌上開催)
山本真央,猪越正直, 清水畑誠, 野崎浩佑, 高垣智博, 吉原久美子, 水口俊介.
抗菌材料含有根面う蝕修復材料の機械的強度.
クラレノリタケデンタル株式会社賞受賞

onprasong W, Inokoshi M, Shimizubata M, Hatano K, Uo M, Wada T, Takahashi R, Minakuchi S.
Multi ion release from S-PRG nanofiller containing tissue conditioner.

大沼 啓, 猪越正直, 平山大輔, 井上 実, 守澤正幸, 水口俊介.
SPH法による各軟質裏装材使用時の義歯床下粘膜にかかる応力解析.

○2020年4月 日本デジタル歯科学会第11回学術大会,愛知(誌上開催)
<ポスター発表>
羽田多麻木,金澤 学,岩城麻衣子,荒木田俊夫,副田弓夏,大竹涼介,Katheng Awutsadaporn ,安藤一夫,水口俊介
3D プリンティング義歯における積層方向の違いが精度と応力分布に与える影響

○2020年3月 100th General Session and Exhibition of the IADR, Washington, D.C.(誌上開催)
<ポスター発表>
Hada T, Kanazawa M, Iwaki M, Arakida T, Soeda Y, Otake R, Katheng A, Minakuchi S
Stress distortion of 3D printing dentures with different printing directions

A. Katheng , M. Kanazawa , M. Iwaki , T. Arakida , T. Hada , Y. Soeda , R. Otake , S. Minakuchi.
Evaluation of trueness using different post-curing conditions achieved by stereolithography.

学会発表,論文掲載など研究活動について随時更新します.


学会発表,論文掲載など研究活動について随時更新します.


学会発表,論文掲載など研究活動について随時更新します.