グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 高齢者歯科学分野  > 活動報告(2017年度)

活動報告(2017年度)

このページの目次


2014年以降の全ての業績についてはこちらにまとめてあります。

論文

43Miura Y, Nakagami G, Yabunaka K, Tohara H, Noguchi H, Mori T, Sanada H.
A Randomized Controlled Trial to Investigate the Effectiveness of the Prevention of Aspiration Pneumonia Using Recommendations for Swallowing Care Guided by Ultrasound Examination.
Healthare (Basel). 2018 12;6(1).
42若杉葉子,戸原玄
加齢に伴う舌機能の変化
ディサースリア臨床研究7(1):43-46,2017
41原豪志,戸原玄
開口動作に着目した舌骨上筋の評価-開口力と加齢の関係と摂食嚥下機能評価への応用-
ディサースリア臨床研究7(1):39-42,2017
40Inokoshi M, Shimizu H, Nozaki K, Takagaki T, Yoshihara K, Nagaoka N, Zhang F, Vleugels J, Van Meerbeek B, Minakuchi S.
Crystallographic and morphological analysis of sandblasted hithly tranlucent dental zirconia.
Dental Materials. 2018.
39Mariko Matsubara, Haruka Tohara, Koji Hara, Hiromichi Shinozaki, Yasuhiro Yamazaki, Chiaki Susa, Ayako Nakane, Yoko Wakasugi, Shunsuke Minakuchi.
High-speed jaw-opening exercise in training suprahyoid fast-twitch muscle fibers.
Clinical Interventions in Aging. 2018: 13; 125-131.
38Kotomi Sakai, Enri Nakayama, Haruka Tohara, Osamu Takahashi, Sayako Ohnishi, Hidetaka Tsuzuki, Mayumi Hayata, Takahiro Takehisa, Yozo Takehisa, Koichiro Ueda.
Diagnostic accuracy of lip force and tongue strength for sarcopenic dysphagia in older inpatients: a cross-sectional observational study.
Clinical Nutirition. E-pub.
37Okubo M, Sato Y, Hirajima Y, Minakuchi S.
Learning effects of different training models for border molding from the perspective of dental students.
BMC Oral Health. 2017 Dec 16;17(1):152.
36Ogawa N Mori T, Fujishima I, Wakabayashi H, Itoda M, Kunieda K, Shigematsu T, Nishioka S, Tohara H, Yamada M, Ogawa S.
Ultrasonography to Measure Swallowing Muscle Mass and Quality in Older Patients With Sarcopenic Dysphagia.
JAMDA. 2017.1:1-7. IF:5.775
35原 豪志,  戸原 玄
開口動作に着目した舌骨上筋の評価ー開口力と加齢の関係と摂食嚥下機能評価への応用ー.
ディサスーリア臨床研究; 7(1), pp39-42. 2017.
34Kajisa E, Tohara H, Nakane A, Wakasugi Y, Hara K, Yamaguchi K, Yoshimi K, Minakuchi S.
The relationship between jaw-opening force and the cross-sectional area of the suprahyoid muscles in healthy elderly.
J Oral Rehabil. 2017 Dec 4.
<学位論文>
33Kazumasa Kubota, Tomoyuki Miyamoto, Kotomi Ota, Haruhisa Fukayama, Shunsuke Minakuchi: Anesthetic management of a patient with benign tracheal tumor identified at induction of general anesthesia. Journal of Clinical Anesthesia 43,66-67, 2017.
32阿保綱孝、宮本智行、井上卓俊、久保田一政、阿部桂子、堂下幹司、深山治久: ヒト免疫不全ウイルス感染症患者の両側下顎矢状分割術における全身麻酔管理、日本歯科麻酔学会雑誌 第45巻第2号、214-216、2017.
31太田琴美、宮本智行、久保田一政、深山治久: 血小板無力症に対する抜歯の全身管理経験、日本歯科麻酔学会雑誌 第45巻第2号、178-180、2017.
30Yamazaki Y, Toraha H, Nakane A, Wakasugi Y, Yamaguchi K, Minakuchi S.
Excessive anterior cervical muscle tone affects hyoid bone kinetics during swallowing in healthy individuals.
Clinical Interventions in Aging. 2017:12; 1-8.
<学位論文>
29I. Tagashira, H. Tohara, Y. Wakasugiab, K. Hara, A. Nakane, Y. Yamazaki, M. Matsubara, S. Minakuchi.
A new evaluation of masticatory ability in patients with dysphagia: The Saku-Saku Test.
Archives of Gerontology and Geriatrics 74 (2018) 106–111.
<学位論文>
28Yu Yoshizumi,Shinya Mikushi,Ayako Nakane,Haruka Tohara,Shunsuke Minakuchi.
Dynamics of Swallowing Tablets during the Recovery Period following Surgery for Tongue Cancer
Otolaryngology.
27Khaing Myat Thu, Khin Swe Aye, Aung Htang.
In vitro study of Coronal Leakage of Four Temporary Filling Materials Immersed in Alcoholic Methylene Blue Dye.
Myanmar Dental Journal . 20(1); 49-57.
26Mariko Tanoue, Manabu Kanazawa, Shin Takeshita, Shunsuke Minakuchi.
Effects of clip materials on stress distribution to maxillary implant overdentures with bar attachments
Journal of Prosthetic Dentistry.
25Gou KAMOCHI, Norihisa AKIBA, Hiroyuki TANIMOTO, Toshinari NAKAMURA, and Shunsuke MINAKUCH.
Influence of water immersion on the transmitted load of home reliners.
Dental Materials of Journal. 2017.11.
24Noriko Amagai, Yuriko Komagamine, Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Ayami Jo, Hiroyuki Suzuki, Shunsuke Minakuchi.
Oral health related quality of life among the edentulous individuals: A randomized controlled trial.
J Dent. 2017.10; 65; 89-94.
23Toshiaki Sekita, Syuhei Takeuchi, Syunsuke Minakuchi.
Measuring system for an attitude angle of a denture using an Inertial Measurement Unit.
J Prosthodont Res. 2017.09.
22Yuhei Matsuda, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Masashi Yamashiro, Sumio Akifusa, Shunsuke Minakuchi.
Reliability and Validity of the MD Anderson Dysphagia Inventory Among Japanese Patients.
Dysphagia. 2017.08.
21Y Hama, A Hosoda, Y Komagamine, S Gotoh, C Kubota, M Kanazawa, S Minakuchi.
Masticatory performance-related factors in preschool children: establishing a method to assess masticatory performance in preschool children using colour-changeable chewing gum.
J Oral Rehabil. 2017.08.
20Yoko Wakasugi, Haruka Tohara, Nami Machida, Ayako Nakane, Shunsuke Minakuchi.
Can grip strength and/or walking speed be simple indicators of the deterioration in tongue pressure and jaw opening force in older individuals?
Gerodontology. 2017.08.
19Hitomi Soeda, Yusuke Sato, Eijiro Yamaga, Shunsuke Minakuchi.
A structural equation model to assess the influence of neuroticism on oral health-related quality of life in complete denture wearers.
Gerodontology. 2017.08.
18金澤学, 岩城麻衣子, 荒木田俊夫, 水口俊介.
CAD/CAM 技術を応用した全部床義歯日本補綴歯科学会誌.
2017.07; 9(3); 236-241
17金澤 学,岩城麻衣子,荒木田俊夫,水口俊介.
CAD/CAM 技術を応用した全部床義歯.
日本補綴歯科学会誌. 2017.07; 9(3); 236-241.
16Hiroyuki Tanimoto, Norihisa Akiba, Toshinari Nakamura, Huizi Zhao, Hirona Suzuki, Akira Uno, Motohiro Uo, Shunsuke Minakuchi.
An objective estimation of the removability of three home reliners.
Dent Mater J. 2017.05; 36(3); 309-318.
15金澤学, 駒ヶ嶺友梨子, 山田理子, 水口俊介.
簡単にできる咀嚼機能検査色変わりガムを用いた咀嚼能力評価法.
日本咀嚼学会雑誌. 2017.05; 27(1); 25-26.
14Taro Yoshizaki, Norihisa Akiba, Masanao Inokoshi, Masayuki Shimada, Shunsuke Minakuchi.
Hydrophilic nano-silica coating agents with platinum and diamond nanoparticles for denture base materials.
Dental. Material Journal. 2017.05; 36(3); 333-339.
13Inokoshi M, Zhang F, Vanmeensel K, De Munck J, Minakuchi S, Naert I, Vleugels J, Van Meerbeek B.
Residual compressive surface stress increases the bending strength of dental zirconia.
Dent Mater. 2017.04; 33(4); e147-e154.
12NAKAMURA Toshinari, AKIBA Norihisa, TANIMOTO Hiroyuki,HIRAYAMA Daisuke and MINAKUCHI Shunsuke.
Influence of a home reliner on denture displacement and patient reported outcome
2017.03; 84(1); 8-18.
11金澤学. 【超高齢社会における8020】義歯をいつまでも快適に使用するために
8020: はち· まる· にい· まる. 2017.01; (16); 73-75.
10Chieko Kubota, Manabu Kanazawa, Yohei Hama, Yuriko Komagamine, Shunsuke Minakuchi.
Association between chewing-stimulated salivary flow under the effects of atropine and mixing ability assessed using a color-changeable chewing gum.
J Prosthodont Res. 2017.01; 61(4); 387-392.
9Khaing Myat Thu, Vo Lam Thuy, Manabu Kanazawa, Shunsuke Minakuchi.
Evidences of Applicability of Implant Supported Overdentures during Present Decade; A Review.
Myanmar Dental Journal. 2017.01; 24(1); 32-41.
8Shoko Oba, Haruka Tohara, Ayako Nakane, Makoto Tomita, Shunsuke Minakuchi, Hiroshi Uematsu.
Screening tests for predicting the prognosis of oral intake in elderly patients with acute pneumonia.
Odontology. 2017.01; 105(1); 96-102.
7Suzuki H, Kanazawa M, Komagamine Y, Iwaki M, Jo A, Amagai N, Minakuchi S.
The effect of new complete denture fabrication and simplified dietary advice on nutrient intake and masticatory function of edentulous elderly: A randomized-controlled trial.
Clin Nutr. 2017 Aug 5.
<学位論文>
6Amagai N, Komagamine Y, Kanazawa M, Iwaki M, Jo A, Suzuki H, Minakuchi S.
The effect of prosthetic rehabilitation and simple dietary counseling on food intake and oral health related quality of life among the edentulous individuals: A randomized controlled trial.
J Dent. 2017 Jul 21.
<学位論文>
5Kotomi Sakai Enriched nakayama, Haruka Tohira, Keiji Kodama, Takahiro Takehisa, Yozo Takehisa, Koichiro Ueda.
Relationship between tongue strength, lip strength, and nutrition-related sarcopenia in older rehabilitation inpatients: a cross-sectional study.
Clinical Interventions in Aging.
4佐藤茉莉恵.
高齢者に対する甲状軟骨部皮膚牽引が嚥下動態に及ぼす影響
老年歯学.第31巻,第2号,2016.
<ライオンアワード受賞>
3Wakasugi Y, Yamamoto T, Oda C, Murata M, Tohara H, Minakuchi S.
Effect of an impaired oral stage on swallowing in patients with Parkinson's disease.
J Oral Rehabil. 2017 Jun 23.
2Shinozaki H, Toara H, Matsubara M, Inokuchi N, Yamazaki Y, Nakane A, Wakasugi Y, Minakuchi S.
Relationship between jaw opening force and hyoid bone dynamics in healthy elderly subjects.
Clinical Interventions in Aging. 2017; 12: 629-634.
<学位論文>
1駒ヶ嶺友梨子.咀嚼の基礎知識.臨床栄養 2017年4月号,130巻4号 P441-447

学会発表

島田,山田,駒ヶ嶺(左から)
山田は昨年度の第9回学術大会で優秀口演賞受賞し,今大会の総会で記念品を授与されました.

2018年1月 第10回日本義歯ケア学会学術大会,徳島

<シンポジウム>
「義歯を測る」
駒ヶ嶺友梨子
義歯の咀嚼能率

<口演発表>
天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,城彩実,鈴木啓之,水口俊介
義歯新製に伴う簡便な食事指導が無歯顎高齢者の食品摂取と口腔関連QoLに与える影響
<優秀口演賞受賞>

島田 亮,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,田上真理子,水口俊介
下顎両側遊離端欠損患者にショートインプラントを応用した部分床義歯の1症例


当分野からの義歯ケア学会での受賞は4年連続となりました.

2018年1月 第10回日本義歯ケア学会学術大会  徳島

<口演発表>
天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,城彩実,鈴木啓之,水口俊介
義歯新製に伴う簡便な食事指導が無歯顎高齢者の食品摂取と口腔関連QoLに与える影響
<優秀口演賞>

2017年11月 第36回日本接着歯学会学術大会  東京

<ポスター発表>
清水春紀, 猪越正直, 高垣智博, 宇尾基弘, 水口俊介
高透光型ジルコニアに対する 4META/MMA-TBB レジンの接着効果

2017年11月 日本磁気歯科学会第27回学術大会 松島

<ポスター発表>
宮安杏奈,金澤 学,島田 亮,岩城麻衣子,佐藤佑介,水口俊介
磁性アタッチメントを用いた下顎即時荷重インプラントオーバーデンチャーにおける周囲骨吸収と生存分析−3年予後
<優秀ポスター賞受賞>

2017年11月 平成29年度日本補綴歯科学会東北・北海道支部 総会・学術大会 新潟

<口演発表>
天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,城 彩実,鈴木啓之,水口俊介
全部床義歯製作に伴う簡便な食事指導が無歯顎高齢者の食品摂取に与える影響

<座長>
金澤 学
一般口演座長 セッション2: 高齢者歯科学

2017年10月 第70回日本歯科理工学会学術講演会 新潟


<ポスター発表>
清水畑誠,猪越正直,和田敬広,高橋礼奈,宇尾基弘,水口俊介
イオン徐放性S-PRGフィラー含有根面う蝕修復用セメントの機械的強度と微細構造解析

2017年9月 日本咀嚼学会第28回学術大会 飯田橋


<ポスター発表>
駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,宮安杏奈,水口俊介
即時荷重2インプラントオーバーデンチャーの5年前向き試験:咀嚼能力について
<優秀ポスター賞受賞>

<口演発表>
鈴木啓之,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,天海徳子,水口俊介.
簡便な食事指導を伴う全部床義歯新製が無歯顎高齢者のタンパク質摂取量に与える影響.

昨年度、優秀口演賞を受賞した山田の、表彰式もありました。

山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介.
全部床義歯装着者における舌圧· 咬合力と混合能力との関連.

2017年9月 第47会日本口腔インプラント学会学術大会 仙台

佐藤大輔,金澤 学,岩城麻衣子,金 柔炅,水口俊介,春日井昇平,尾関雅彦
CAD/CAMサージカルテンプレートを用いた即時荷重2インプラントオーバーデンチャー:5年経過報告

2017年9月 
7th ESSD congress, Barcelona, Spain.


K Yamaguchi, H Tohara, A Nakane, K Hara, S Minakuchi
EFFECT OF AGING, TOOTH LOSS, PERIORAL MUSCLE MASS AND SKELETAL MUSCLE MASS ON OCCLUSAL FORCE IN HEALTHY ELDERLY

上:座長 下:口演発表

2017年9月 
CED-IADR/NOF Oral Health Research Congress 2017, Vienna, Austria


Inokoshi M, Nozaki K, Takagaki T, Van Meerbeek B, Minakuchi S.
Initial curing characteristics of composite cements under ceramic restorations

2017年9月 第23 回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 幕張

吉田早織, 戸原玄, 若杉葉子, 中根綾子, 原豪志, 水口俊介
絶食期間が脳卒中患者の口腔周囲筋厚に及ぼす影響の検討

小田美由紀、中根綾子、相澤かおる、谷口善成
嚥下反射パターンが消失した脳梗塞後遺症患者の経口摂取可能となった一例 訪問歯科衛生士介入の経過報告

木村敦,  山口浩平,  佐藤祐介, 竹宮鉄平, 澤田直子,松田結花子, 井上統温, 玉木一弘
認知症高齢者の摂食嚥下支援に関わる心理学的アプローチの整理


山口浩平, 戸原玄, 吉中晋, 増田貴行, 山内敦, 原豪志, 中根綾子, 水口俊介
新規開発した食べやすい牛丼に関するアンケート結果について

竹内純,古屋純一,戸原玄,吉見佳那子,中根綾子,稲次基希,前原健寿,水口俊介
急性期病院との連携によりシームレスな回復期の口腔機能管理を行えた脳卒中の1 症例

吉住結、古屋純一、若杉葉子、佐藤茉莉恵、原豪志、中根綾子、戸原玄、水口俊介
脳出血を繰り返す患者に対し口腔ケアを徹底することで嚥下リハを継続できた1 症例

2017年9月 
17th biennial meeting of the International College of Prosthodontists, Santiago, Chile


Y. Komagamine, M. Kanazawa, D. Sato, A. Miyayasu, M. Asami, R Shimada, KM Thu, VL Thuy, S. Kasugai, S. Minakuchi
Comparison of patient-reported outcomes between immediately and conventionally loaded mandibular two-implant overdentures: A preliminary study.

M. Kanazawa, M. Iwaki, D. Sato, A. Miyayasu, M. Asami, R Shimada, KM Thu, VL Thuy, S. Kasugai, S. Minakuchi
Immediate Loading of two-implant mandibular overdentures: 5-year prospective study

2017年8月 
NobelBiocare Symposium 2017 東京


金澤 学
超高齢社会におけるインプラント補綴の考慮
高齢者におけるImplant overdenture

2017年7月 第36回日本歯科医学教育学会学術大会 松本
<一般口演>
濵 洋平、水口俊介、佐々木啓一、前田健康、羽村 章、一戸達也、森山啓司、興地隆史
健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム -第3報- 3年目を終えての課題

<課題口演優秀賞>

2017年7月 日本補綴歯科学会第126回学術大会 横浜

<シンポジウム>
CAD/CAMデンチャーはどこまで進んだのか
水口俊介

<イブニングセッション>
ここにインプラントが欲しい!−有床義歯へのインプラントの活用−
コーディネーター:金澤 学

<課題口演>
全部床義歯新製と簡便な栄養指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取と咀嚼能力に与える影響
鈴木啓之,金澤 学,天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,城 彩実,水口俊介
<課題口演優秀賞>

<一般口演>
酸化タングステンコーティングを施した義歯床用レジンの光触媒効果
家持 剛,秋葉徳寿,吉嵜太郎,守澤正幸,内田達郎,水口俊介,島田誠之

<ポスター発表>
本村一朗,中村英雄,田中繁一

環境光が光学印象の真度と精度に与える影響
荒木田俊夫,金澤 学,岩城麻衣子,鈴木哲也,安藤一夫,小林章二,水口俊介
Oral dyskinesia を有する摂食嚥下障害患者の一症例
吉見佳那子,古屋純一,戸原 玄,水口俊介

審美障害を主訴とする重篤なClass II 症例における補綴治療
小林賢一,高橋路奈,安部明子,竹内周平,星野 崇,小林弘),関田俊明

Tooth wear により審美障害および咬合高径の低下を認めた症例
東中川杏里,関田俊明,高橋亜希子,入江聖子,矢口志保

慣性測量装置を用いた義歯変位計の開発
関田俊明,竹内周平,小林賢一,東中川杏里,高橋亜希子,入江聖子

当院栄養サポートチームでの歯科補綴治療の必要性
寺中 智,尾﨑研一郎,水口俊介

即時荷重2 インプラントオーバーデンチャーの前向き臨床研究: 5 年経過報告
岩城麻衣子,金澤 学,宮安杏奈,佐藤大輔,春日井昇平,水口俊介

2017年6月 日本老年歯科医学会第28回学術大会 名古屋

<シンポジウム>
「口腔機能低下症」について理解を深めよう
座長:水口俊介

<口演発表>
慢性腎不全患者に対するプレート除去・遊離肩甲骨複合皮弁移植の全身麻酔管理経験
久保田一政,水口 俊介,深山 治久

地域自立高齢者における歯の欠損部未補綴に関連する因子について
浜 洋平,守屋 信吾,久保田チエコ,恩田 理恵,下山 和弘,水口 俊介

<ポスター発表>
重篤なtooth wear により審美・咀嚼障害を呈した症例
津川恵里子,関田 俊明,野本亜希子,東中川杏里,金子 聖子,西宮  結

回復期リハビリテーション病棟における脳梗塞患者の口腔内所見を踏まえた転倒調査
尾崎研一郎,寺中 智,岡田 猛司,水口 俊介

難治性吃逆のある胃瘻患者の経口摂取に対する取り組み
原 良子,今田 良子,絹川 雅夫,竹前 健彦,松原麻梨子,山口 浩平,加治佐枝里子,田頭いとゑ,中根 綾子,戸原 玄,水口俊介

感染性心内膜炎に対して人工弁置換術における周術期口腔機能管理―咀嚼回復を行った症例―
寺中 智,尾崎研一郎,岡田 猛司,水口 俊介

大学附属病院の特性を活かした医学部附属病院入院患者への歯科介入実績の報告
吉田 早織,戸原 玄,若杉 葉子,古屋 純一,中根 綾子,吉住 結,佐藤茉莉恵,水口 俊介

誤嚥性肺炎を繰り返す高齢者が外来から訪問診療へ移行し多職種連携により栄養状態を回復した症例
並木 千鶴,野本亜希子,中根 綾子,若杉 葉子,吉住 結,佐藤茉莉恵,原 豪志,加治佐枝里子,戸原 玄,水口 俊介

ワーファリンのコントロール不良により抜歯後,後出血を認めた症例
金子 聖子,関田 俊明,井上 実,佐藤茉莉恵,高橋亜希子,東中川杏里,津川恵里子,矢口 志保

ビスフォスフォネート製剤投与後に顎骨壊死から重度咀嚼障害を発症した高齢者肺癌骨転移の1 例
井口 寛弘 ,戸原 玄,諸田 千尋

全身疾患をもつ高齢歯科患者の薬剤情報に関する統計学的検討
大渡 凡人,高橋 一輝,京坂 侑加,猪越 正直,井上 実,水口 俊介,深山 治,下山 和弘

下顎歯肉癌術後の嚥下障害に対してバルーン訓練と直接訓練を行い経口摂取へ移行した1 症例
佐藤茉莉恵

高齢皮膚筋炎患者の摂食嚥下リハビリテーションに難渋した症例
野本亜希子

2017年6月 第19回日本在宅医学会大会 名古屋

<ポスター発表>
多職種や他医療機関との情報共有によりシームレスな摂食嚥下リハビリテーションを行えた1症例
吉見佳那子、古屋純一、戸原玄、稲次基希、竹内周平、前原健寿、水口俊介

遷延性意識障害による摂食嚥下障害に矯正的アプローチが有効であった一例
田村厚子、戸原玄、吉住結、佐藤茉莉恵、篠崎裕道

2017年5月 第71回日本栄養・食糧学会大会 沖縄
<ポスター発表>
全部床義歯新製に伴う歯科医師による簡便な食事指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取量に与える影響
鈴木啓之,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,城彩実,天海徳子,水口俊介

2017年4月 2017 Annual Congress of the European College of Gerodontology (E.C.G.), Valletta, Malta
<口演発表>
M Kanazawa, A Miyayasu, A Jo, Y Sato, M Iwaki, S Minakuchi
Economic evaluation of impression methods for mandibular complete dentures

研究費

○平成29-30年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:猪越正直
審美性と強度・耐劣化性を両立した次世代歯科用ジルコニアの開発

○平成29-31年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:駒ヶ嶺友梨子
無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築とモンテカルロ法による費用対効果分析

○平成28-30年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:須佐千明
口腔腫瘍患者における周術期サルコペニア

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:小林賢一
研究分担者:猪越正直
ジルコニア・陶材界面のナノスケール解析による陶材破折の原因究明とその制御

○平成28-29年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:平山 大輔
密着タイプ義歯安定剤による顎堤粘膜への影響:SPH法による三次元シミュレーション

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:中根 綾子
研究分担者:なし
施設入所の要介護高齢者の栄養状態と誤嚥性肺炎発症との関連について

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:金澤 学
研究分担者:馬場一美,佐藤大輔
ショートインプラントを用いたIARPDの前向き介入試験

○平成28-31年度科学研究費助成事業研究基盤(B)
研究代表者:水口俊介
研究分担者:宮崎泰成,岡安 香,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子
欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-

○平成28-30年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:田上真理子
インプラントオーバーデンチャーの維持力測定に関するトランスレーショナルリサーチ