グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 高齢者歯科学分野  > 活動報告(2017年度)  > 活動報告(2016年度)

活動報告(2016年度)

2014年以降の全ての業績についてはこちらにまとめてあります。

論文

12Inokoshi M, Zhang F, Vanmeensel K, De Munck J, Minakuchi S, Naert I, Vleugels J, Van Meerbeek B.
Residual compressive surface stress increases the bending strength of dental zirconia.
Dent Mater. 2017 Jan 8.
11Komagamine Y, Kanazawa M, Iwaki M, Jo A, Suzuki H, Amagai N, Minakuchi S.
Combined effect of new complete dentures and simple dietary advice on nutritional status in edentulous patients: study protocol for a randomized controlled trial.
Trials. 2016 Nov 9;17(1):539.
10田村厚子, 田中正史, 大友文雄, 星野崇, 黒田裕之, 坂本利之, 小佐野みゆき, 田村壽彦, 町田奈美, 山崎康弘, 佐藤茉理恵, 戸原玄.
高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括的ケアについての研究(第一報) 高齢者の口腔、嚥下機能健康調査 大学病院、行政との連携取り組み
栃木県歯科医学会誌 68: 17-24,2016.
9Oda K, Kanazawa M, Takeshita S, Minakuchi S.
Influence of implant number on the movement of mandibular implant overdentures.
J Prosthet Dent. 2016. [Epub ahead of print]
<学位論文>
8Kanazawa M, Feine J, Esfandiari S.
Clinical guidelines and procedures for provision of mandibular overdentures on 4 mini-dental implants.
J Prosthet Dent . 2016. [Epub ahead of print]
7Kotomi Sakai, Enri Nakayama, Haruka Tohara, Tomomi Maeda, Motonobu Sugimoto, Takahiro Takehisa, Yozo Takehisa, Koichiro Ueda.
Tongue Strength is Associated with Grip Strength and Nutritional Status in Older Adult Inpatients of a Rehabilitation Hospital.
Dysphagia. 2016. Published online.
6Yuka Miura, Gojiro Nakagami, Koichi Yabunaka, Haruka Tohara, Koji Hara, Hiroshi Noguchi, Taketoshi Mori, Hiromi Sanada.
Detecting pharyngeal post-swallow residue by ultrasound examination:a case series. Med Ultrason. 2016; 18(3): 288-293.
5E. NAKAYAMA, H. TOHARA, K. SAKAI, M. HAYATA, S. OHNISHI, J. SEKINO, H. TSUZUKI, T. HIRAI, A. HAYASHI, K. UEDA.
PREDICTIVE FACTORS ASSOCIATED WITH ORAL INTAKE ABILITY IN GASTROSTOMY PATIENTS UNDER LONG-TERM CARE. J Nutr Health Aging. 2016.
4猪越正直, 水口俊介.
ジルコニアに対する接着法.日本歯科理工学会誌. 2016; 35 (4-5): 265-268.
3Komagamine Y, Kanazawa M, Sasaki Y, Sato Y, Minakuchi S.
Prognoses of new dentures from the patient's denture assessment of existing dentures.
Clin Oral Investig. 2016 Jul 13.
2金澤 学,岩城麻衣子,山本信太,荒木田俊夫,水口俊介.
【高分子材料による医療イノベーション】CAD/CAMによる全部床義歯製作.
日本歯科理工学会誌.2016.06; 35 (3): 185-188.
1Inokoshi M, Pongprueksa P, De Munck J, Zhang F, Vanmeensel K, Minakuchi S, Vleugels J, Naert I, Van Meerbeek B.
Influence of Light Irradiation Through Zirconia on the Degree of Conversion of Composite Cements.
J Adhes Dent. 2016;18(2):161-171.

学会発表

○2017年3月 95th General Session and Exhibition of the IADR , San Francisco
<ポスター発表>
Inokoshi M, Shimizu H, Nozaki K, Takagaki T, Zhang, F, Vleugels J, Van Meerbeek B, Uo M, Minakuchi S
Crystallographic analysis of alumina sandblasted highly translucent dental zirconia

○2017年2月 日本義歯ケア学会第9回学術大会,鹿児島
<口演発表>

馬場優也, 佐藤佑介, 山賀栄次郎, 大和田学, 水口俊介.
義歯清掃方法の違いが洗浄効果と患者による主観的評価に与える影響

田上真理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,佐々木好幸,水口俊介.
日本における上下顎および片顎無歯顎者率の推移

山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,城 彩美,田上真理子,水口俊介.
全部床義歯装着者における舌と口唇の運動機能・最大咬合力と混合能力との関連
<優秀口演賞>

駒ヶ嶺友梨子,金澤,学,岩城麻衣子,城 彩実,鈴木啓之,天海徳子,佐藤佑介,水口俊介
義歯に関する質問票(Patients' Denture Assessment)による術後の口腔関連QoLの予測

○2017年1月 The 37th Myanmar Dental Conference in Yangon, Myanmar
<口演発表>
Khaing Myat Thu, Daisuke Sato, Manabu Kanazawa, Mariko Tanoue, Ken Oda, Kaidiliya Yalikun, Anna Miyayasu, Mari Asami, Vo Lam Thuy, Shunsuke Minakuchi
Single Implant Retained Mandibular Overdenture [1-IOD] in Edentulous Patient with Massive Osteotomy; A Case Report
The Best Paper Award in Junior Scientist Session受賞

○2016年11月 日本咀嚼学会第27回学術大会,広島
<ポスター発表>
鈴木啓之,大久保舞,道家 碧,水口俊介.
持続的な咬合が身体平衡機能に与える影響.


<口演発表>
山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介.
全部床義歯装着者における舌圧・咬合力と混合能力との関連.
<優秀口演賞>

中村敏成,秋葉徳寿,谷本裕之,水口俊介.
ホームリライナー使用における咀嚼能力と義歯変位.

鈴木啓之,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,天海徳子,水口俊介.
簡便な食事指導を伴う全部床義歯新製が咀嚼能力とエネルギー摂取量に与える影響.


<シンポジウム>
金澤 学
簡単にできる咀嚼機能検査

<表彰>
日本咀嚼学会第26回学術大会で優秀口演賞を受賞した、以下の演題について表彰がありました.
浜 洋平,金澤 学,久保田チエコ,鈴木啓之,天海徳子,細田明美,駒ヶ嶺友梨子,大久保 舞,水口俊介
未就学児童における咀嚼能力関連因子の検討


○2016年11月 第69回栃木県歯科医学会,栃木

田村厚子、加治佐枝里子、山口浩平、吉見佳那子、戸原 玄ら
高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括ケアについての研究第二報
高齢者の口腔、嚥下機能健康調査、大学病院、行政との連携取り組み

○2016年10月 
第23回日本歯科医学会総会,福岡

金澤 学
全部床義歯を進化させるー新技術と伝統の融合ー




○2016年10月 
全都講習会(都技生涯研修2016),東京

金澤 学
CAD/CAM義歯を用いた最新の全部床義歯

○2016年9月 第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,新潟

緒方果林、須藤笑子、平井麻樹、丸山奈緒子、小菅琴子、中根綾子
生活期における経管栄養の嚥下障害患者が3食経口摂取確立した症例 

Yoko Wakasugi, Toshiyuki Yamamoto, Miho Murata, Haruka Tohara, Syunsuke Minakuchi,.
Effect of an impaired oral stage of swallowing in patients with Parkinson’s disease.

大嶋晶子,日野多加美,吉川裕子,中山渕利,伊澤三樹,若杉葉子,戸原玄
経口からの必要栄養量摂取困難な在宅の症例に対し、最期まで希望を失わせずに対応できた一症例

星達也,戸原玄,須賀文子,阿部仁子,宮上光祐
回復期リハビリテーション病院における食道期嚥下障害の調査

須賀文子,星達也、阿部仁子,戸原玄、宮上光祐
脳底動脈閉塞を伴う脳幹・小脳梗塞の嚥下障害に対して咀嚼訓練が有用であった症例

鈴木弥奈,戸原玄、阿部仁子、星達也、宮上光祐
食物比重によって咽頭通過に差を認めた食道入口部開大不全の一例

田村厚子,戸原玄,須佐千明,吉住結,篠崎裕道,水口俊介,宮田理英
唾液誤嚥をきたすA群色素性乾皮症患者に対し歯科矯正的アプローチが有効であった一例

日野多加美,中山渕利,大嶋晶子,吉川裕子,若杉葉子、山口浩平、戸原玄
回復期病棟入院患者の口腔内環境に影響を及ぼす因子

山口浩平,戸原玄、中根綾子,加治佐枝里子、吉見佳那子、田村厚子、川嶋美奈、水口俊介
健常高齢者における咬筋厚と全身骨格筋量、咬合関係との関連性について
<ポスター優秀賞>

鈴木絵美,鈴木聡行,飯田貴俊,森本佳成,戸原玄
介護老人施設における経口維持の取り組みと効果

重栖由美子,中根綾子,中䑓くるみ,戸原玄,渡辺泰博
整形外科領域における誤嚥性肺炎リスク評価表を用いて2015年度報告

堺琴美,中山渕利,戸原玄,児玉圭司,杉本元信,武久敬洋,武久洋三,植田耕一郎
サルコペニアによる嚥下障害と口唇閉鎖力の関連

山崎康弘,戸原玄,中根綾子,松本賢一,小堀勝充,水口俊介
頸部緊張が嚥下機能にもたらす影響の検討(第3報)

星達也,戸原玄,須賀文子,阿部仁子,宮上光祐
継続的なバルーン拡張法によって嚥下反射後の蠕動様食塊輸送を獲得したWallenberg症候群の一例

田頭いとゑ,戸原玄,若杉葉子,中根綾子,松原麻梨子,高橋亜希子,山崎康弘,水口俊介
摂食嚥下障害患者の咀嚼能力に対する新たな評価法の検討

石山寿子,後藤広明,戸原玄
口腔運動機能維持改善のための舌トレーニング器具の開発 –第1報

吉住結,戸原玄,中根綾子,若杉葉子,佐藤茉莉恵,高橋亜希子,水口俊介
水分補給ゼリー飲料のみや水の使用経験

森寛子,内藤真理子,戸原玄
在宅胃ろう患者における嚥下障害重症度と患者の経口摂取から得る介護者の心理的支援の検討:質的内容分析

町田奈美,米田由公子,桐生みなみ,山根啓司,小林輝信,中根綾子,戸原玄
多発性脳梗塞による嚥下障害に対して、多職種連携により1食経口摂取が可能となった一例


○2016年7月 第25回日本意識障害学会学術大会,高松
田村厚子、戸原玄、篠崎裕道、吉住結、松尾英夫
頭部外傷により遷延性意識障害をきたした患者に対し矯正的アプローチを行った一例

○2016年7月 日本補綴歯科学会第125回学術大会,金沢
<ポスター発表>
大和田学,秋葉徳寿,市川哲雄,岩城麻衣子,大久保舞,岡崎定司,金澤 学,河相安彦,木本克彦,木本 統,洪 光,駒ヶ嶺友梨子,近藤尚知,佐藤佑介,鈴木哲也,添田ひとみ, 坪井明人,西村正宏,西 恭宏,濵 洋平,馬場優也,濱田泰三,細井紀雄,村田比呂司,山賀栄次郎,米山喜一,水口俊介
義歯安定剤使用の影響に関する多施設無作為化比較試験−サブグループ解析による検討−


鈴木 啓之,金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子,岩城 麻衣子,城 彩実, 天海 徳子,水口 俊介
全部床義歯製作時の簡便な食事指導の効果-無作為化臨床試験プロトコル-

宮安杏奈,城 彩実,金澤 学,佐藤佑介,岩城麻衣子,秋葉徳寿,水口俊介
無作為化比較試験による下顎全部床義歯製作における印象採得法の費用効果分析

荒木田俊夫,金澤学, 山本信太,岩城麻衣子,水口俊介,鈴木哲也,大木明子,上條真吾,安藤一夫,守澤正幸
外部光が光学印象時間と精度に与える影響

浅見茉里,宮安杏奈,金澤 学,竹下 晋,田上真理子,佐藤大輔,小田 憲,清水春紀,守澤正幸,春日井昇平,水口俊介
下顎1-IODと全部床義歯の費用効果分析 -無作為化臨床試験プロトコル-

○2016年7月  日本歯科医学教育学会第35回学術大会,大阪
<口演発表>
濵 洋平, 水口俊介, 佐々木啓一, 前田健康, 羽村 章, 一戸達也, 森山啓司.
健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム-第2報- 2年次を終えての課題.

○2016年6月 94th General Session & Exhibition of the IADR, Seoul
<ポスター発表>
M. Kanazawa, M. Iwaki, D. Sato, Y. Omura, A. Miyayasu, S. Kasugai, S. Minakuchi.
Immediate Loading of two-implants mandibular overdentures: 4-years prospective study.

Y. Komagamine, M. Kanazawa, H. Suzuki, N. Amagai, S. Minakuchi.
Effect of New Removable Dentures on Foods and Nutrients Intakes

Y Kaidiliya, M Kanazawa, S Takeshita, K Oda ,M Tanoue, A Miyayasu, V L Thuy, K M Thu, M Asami, H Shimizu, S Minakuchi.Stress Analysis of Mandibular Implant Overdentures with Different Implant Positions.

Anna Miyayasu, Ayami Jo, Manabu Kanazawa, Yusuke Sato, Maiko Iwaki, Norihisa Akiba, Shunsuke Minakuchi.
Cost Analysis of the different impression methods for complete dentures.
<Neal Garrett Clinical Research Prize受賞>

M. YAMAMOTO, K. MOTOMURA, H. NAKAMURA, T. YOSHIOKA, F. YOSHIKAWA, S. TANAKA.
Optimum conditions for resistance-heat-bending of NiTi arch wire.

F.YOSHIKAWA, K.MOTOMURA, H.NAKAMURA, T.YOSHIOKA, M.YAMAMOTO, S.TANAKA. Improving
adhesion of zirconia by surface modification.

Inokoshi M, Zhang F, De Munck J, Vanmeensel K, Minakuchi S, Vleugels J, Naert I and Van Meerbeek B.
Influence of surface treatment on the bending strength of zirconia

○2016年6月 日本老年歯科医学会第27会学術大会 ,徳島
<口演発表>
金澤 学
入門セミナー4「キャリア形成のための海外留学指南」

<ポスター発表>
中根綾子.
舌口底癌術後患者に対する多職種アプローチの成果とその後―PEG 造設後の嚥下機能回復についてー.

井上実, 大渡凡人, 鈴木啓之, 金子聖子, 清水畑誠, 天海徳子, 水口俊介, 下山和弘
肺感染症が抜歯後に顕在化し緊急入院となった後期高齢者の一例

西宮結,大渡凡人,内藤陽子,東中川杏里,上田圭織,水口俊介,下山和弘
歯科受診時に発作性上室性頻拍を認め循環器内科で即日直流除細動が行われた高齢者の一例

京坂侑加, 大渡凡人, 高橋一輝, 上甲夏香, 林礼乃, 下山和弘, 水口俊介
歯科診療時にチオトロピウム臭化物水和物の過量使用による薬剤誘発性不整脈を認めた後期高齢者の1例

町田奈美
ワレンベルグ症候群による重度の摂食嚥下障害に対してリハビリテーションを行った一例

高橋亜希子,若杉葉子,中根綾子,吉住結,守澤正幸,戸原玄,水口俊介
口腔癌術後長期経過後に口腔期障害が出現した症例

松原麻梨子,戸原玄,篠崎裕道,山崎康弘,水口俊介
間歇的開口訓練が嚥下機能に及ぼす影響

井口寛弘,戸原玄:病院歯科におけるVF・VEの実態調査
病院に新設された歯科の初年度入院患者における動態調査

堺琴美,中山渕利,戸原玄,川口なつみ,植田耕一郎
リハビリテーション病院におけるサルコペニア入院患者の栄養状態と咬合の関連

井口寛弘,戸原玄

篠崎裕道,戸原玄,松原麻梨子,山崎康弘,原豪志,水口俊介
開口力と舌骨動態・位置との関連性について

山口浩平,古屋純一,若杉葉子,吉住結,中根綾子,戸原玄,水口俊介
低栄養入院患者に対する包括的な口腔管理を行った一症例

加治佐枝里子,戸原玄,中根綾子,田村厚子,山口浩平,吉見佳那子,川嶋美奈,粟野幹子,水口俊介
健常高齢者における口腔周囲筋を含めた骨格筋量と開口力の関連性

新家信行,戸原玄
要介護高齢者の義歯使用状況と心身の機能

○2016年5月 日本デジタル歯科学会第7回学術大会,札幌
<口演発表>
荒木田俊夫,金澤学,山本信太,岩城麻衣子,水口俊介,鈴木哲也
外部光が光学印象に与える影響

○2016年3月 第25 回日本有病者歯科医療学会学術大会,東京
<ポスター発表>
京坂侑加, 田山秀策, 大渡凡人.
塩酸プロピトカインによるメトヘモグロビン血症を発症した有病高齢者の1例.

○2016年1月 日本義歯ケア学会第8回学術大会 ,宮城
<口演発表>
駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,鈴木啓之,天海徳子,城 彩実,水口俊介
部分床義歯による欠損補綴が高齢者の食品摂取に与える影響
<優秀口演賞>

城 彩実,金澤 学,佐藤佑介,秋葉徳寿,岩城麻衣子,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介
全部床義歯製作における印象法の違いが咀嚼能力に与える影響

中村敏成,秋葉徳寿,谷本裕之,水口俊介
ホームリライナー使用における義歯の変位と患者評価

研究費

○平成28-30年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:須佐千明
口腔腫瘍患者における周術期サルコペニア

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:小林賢一
研究分担者:猪越正直
ジルコニア・陶材界面のナノスケール解析による陶材破折の原因究明とその制御

○平成28-29年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:平山 大輔
密着タイプ義歯安定剤による顎堤粘膜への影響:SPH法による三次元シミュレーション

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:中根 綾子
研究分担者:なし
施設入所の要介護高齢者の栄養状態と誤嚥性肺炎発症との関連について

○平成28-30年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
研究代表者:金澤 学
研究分担者:馬場一美,佐藤大輔
ショートインプラントを用いたIARPDの前向き介入試験

○平成28-31年度科学研究費助成事業研究基盤(B)
研究代表者:水口俊介
研究分担者:宮崎泰成,岡安 香,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子
欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-

○平成28-30年度科学研究費助成事業若手研究(B)
研究代表者:田上真理子
インプラントオーバーデンチャーの維持力測定に関するトランスレーショナルリサーチ

公益財団法人ロッテ財団 2016年度奨励研究助成
駒ヶ嶺 友梨子
加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?
(助成金額:300万円 助成期間:3年間)
2015年

テレビ,新聞,雑誌

長田電気工業株式会社(オサダ) 広報誌”Zoom Up”No.143
足利赤十字病院 リハビリテーション科歯科(当分野非常勤講師 寺中智先生)。

こちらからpdfファイルをダウンロードできます。