グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 高齢者歯科学分野  > 活動報告(2017年度)  > 活動報告(2015年度以前)

活動報告(2015年度以前)

このページの目次


2014年以降全ての業績についてはこちらにまとめてあります。

論文

16Oba S, Tohara H, Nakane A, Tomita M, Minakuchi S, Uematsu H. Screening tests for predicting the prognosis of oral intake in elderly patients with acute pneumonia. Odontology. 2016; Epub.
15Machida N, Tohara H, Hara K, Kumakura A, Wakasugi Y, Nakane A, Minakuchi S. Effects of aging and sarcopenia on tongue pressure and jaw-opening force. Greater Gerontol int. 2016 Jan 22.
<学位論文>
14Omura Y, Kanazawa M, Sato D, Kasugai S, Minakuchi S. Comparison of patient-reported outcomes between immediately and conventionally loaded mandibular two-implant overdentures: A preliminary study. J Prosthodont Res. 2016 Jan 20.
<学位論文>
13戸原玄. 第6回摂食嚥下関連医療資源マップを活用してください ピンポイント連続講義今日から始める口腔ケア,精神科看護.2016; 43,78-79.
12水口 俊介, 金澤 学.補綴臨床におけるCAD/CAMワークフローの現状と未来 CAD/CAMによって全部床義歯製作のワークフローはどう変わるのか.日本補綴歯科学会誌.2015; 7(4): 326-331.
11金澤 学, 山本 信太, 荒木田 俊夫, 岩城 麻衣子, 中村 敏成, 水口 俊介.CAD/CAM技術を応用した全部床義歯製作法.日本歯科医師会雑誌.2015; 68(7): 679-686.
10戸原玄. 摂食嚥下の地域連携の課題に対し期待される管理栄養士の活躍,ヘルスケアレストラン. 2015; 24(1):18-19.
9Inokoshi M, Yoshihara K, Nagaoka N, Nakanishi M, De Munck J, Minakuchi S, Vanmeensel K, Zhang F, Yoshida Y, Vleugels J, Naert I, Van Meerbeek B.
Structural and Chemical Analysis of the Zirconia-Veneering Ceramic Interface. J Dent Res. 2015. [Epub ahead of print]
8Tanoue M, Kanazawa M, Takeshita S, Minakuchi S.
Effects of clip materials on stress distribution to maxillary implant overdentures with bar attachments. J Prosthet Dent. 2015. (学位論文)
7金澤 学,山本信太,荒木田俊夫,岩城麻衣子,中村敏成,水口俊介.
CAD/CAM技術を応用した全部床義歯製作法.日本歯科医学会雑誌 Vol.68 No.7 2015-10 679-686
6Sato D, Kanazawa M, Kim YK, Yokoyama S, Omura Y, Ozeki M, Minakuchi S, Kasugai S, Baba K.
Immediate loading of two freestanding implants placed by computer-guided flapless surgery supporting a mandibular overdenture with magnetic attachments. J Prosthodont Res. 2015
5Inokoshi M, Vanmeensel K, Zhang F, De Munck J, Eliades G, Minakuchi S et al.
Aging resistance of surface-treated dental zirconia. Dent Mater 2015;31:182-194.
4Bielen V, Inokoshi M, Munck J, Zhang F, Vanmeensel K, Minakuchi S, et al.
Bonding Effectiveness to Differently Sandblasted Dental Zirconia. J Adhes Dent, 2015;17:235-42.
3Sakai K, Hirano H, Watanabe Y, Tohara H, Sato E, Sato K, Katakura A.
An examination of factors related to aspiration and silent aspiration in older adults requiring long-term care in rural Japan, J Oral Rehabil. 2015
2Shoji H, Nakane A, Omosu Y, Sawashima K, Teranaka S, Umeda Y, Inokuchi N, Takeuchi S, Kamikawatoko Y,Minakuchi S.
The prognosis of dysphagia patients over 100 years old. Arch Gerontol Geriatr.2014;59(2):480-484. (学位論文)
1Yamamoto S, Kanazawa M, Iwaki M, Jokanovic A, Minakuchi S.
Effects of offset values for artificial teeth positions in CAD/CAM complete denture. Comput Biol Med. 2014; 52: 1-7. (学位論文)
Honorable Mention Paper (Top 10%), Computers in Biology and Medicine, 2014として選ばれました.

学会発表

日本義歯ケア学会第7回学術大会において優秀講演症を受賞した2名が表彰されました
(駒ヶ嶺,城)

○2016年1月 日本義歯ケア学会第8回学術大会 ,宮城
<口演発表>
駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,鈴木啓之,天海徳子,城 彩実,水口俊介
部分床義歯による欠損補綴が高齢者の食品摂取に与える影響
<優秀口演賞>

城 彩実,金澤 学,佐藤佑介,秋葉徳寿,岩城麻衣子,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介
全部床義歯製作における印象法の違いが咀嚼能力に与える影響

中村敏成,秋葉徳寿,谷本裕之,水口俊介
ホームリライナー使用における義歯の変位と患者評価

講演発表の3名(左から駒ヶ嶺,城,中村)

○平成27年度日本補綴歯科学会関越支部学術大会,群馬
<口演発表>
中村敏成,秋葉徳寿,谷本裕之,水口俊介
ホームリライナー使用による義歯の変位量

谷本裕之,秋葉徳寿,中村敏成,宇尾基弘, 水口俊介
ホームリライナーの剥離性における客観的評価法

○2015年12月 43rd Indian prosthodontic society conference, Hyderabad, India

<招待講演>
Manabu Kanazawa
Mandibular implant overdentures

○2015年11月 日本磁気歯科学会第25回学術大会 ,東京(当分野主催)
<シンポジウム>
金澤 学
「インプラントオーバーデンチャーにおける磁性アタッチメントの現状と将来展望」
日本における磁性アタッチメントを用いたIODの臨床研究

<口演発表>
大村友理,金澤 学,宮安杏奈,水口俊介
磁性アタッチメントを用いた下顎即時荷重インプラントオーバーデンチャーの無作為化比較臨床試験 ー咀嚼能力評価ー

シンポジスト3名と座長,大会長

口演発表

○2015年10月 第66回日本歯科理工学会学術講演会 ,東京
<口演発表>
猪越正直,谷本裕之,趙慧子,宇尾基弘,水口俊介
セルフアドヒーシブセメントの経時的重合率変化:オールセラミック修復物の影響

○2015年9月 日本咀嚼学会第26回学術大会,神奈川

<口演発表>
浜 洋平,金澤 学,久保田チエコ,鈴木啓之,天海徳子,細田明美,駒ヶ嶺友梨子,大久保 舞,水口俊介
未就学児童における咀嚼能力関連因子の検討
優秀口演賞

<ポスター発表>
天海徳子,浜 洋平, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 久保田 チエコ, 鈴木 啓之, 細田 明美, 大久保 舞, 水口 俊介
色変わりガム1/3片咀嚼時の色変わりについて

久保田チエコ,金澤 学,濵 洋平,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,山田理子,鈴木啓之,天海徳子,細田明美,星子 謙,大久保 舞,水口俊介
硫酸アトロピン服用による唾液量の変化と色変わりガムを用いた混和能力評価

○2015年9月 16th meeting of the International College of Prosthodontists Seoul, Korea

<ポスター発表>
Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Daisuke Sato, Yuri Omura, Anna Miyayasu, Shohei Kasugai, Shunsuke Minakuchi

Immediate loading of two-implant mandibular overdentures: 3-year prospective study

2015 ICP Poster Awards 受賞

<ポスター発表>
Anna Miyayasu, Manabu Kanazawa, Yuri Omura, Daisuke Sato, Shohei Kasugai, Shunsuke Minakuchi

Immediately loaded mandibular two-implant overdentures: Cost analysis

○2015年9月 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,京都

<英語セッション>
Haruka Tohara
Our insight to supra hyoid muscles as jaw-opening muscleSession2, English Session

<シンポジウム>
戸原玄,山脇正永,渡邊裕,野原幹司,安細敏弘,白井淳子
高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究」について
シンポジウム11.地域包括ケアと摂食嚥下障害 -高齢社会におけるリハビリテーションと摂食嚥下-

<ポスター発表>
井口寛宏,諸田千尋,浅木優美,寺中智,戸原玄
介護福祉施設における適切な体制の確保の必要性について-適切な医療・歯科・介護との連携(追加報告)-

松原麻梨子,戸原玄,篠崎裕道,山崎康弘,佐藤斉,吉尾恵子,水口俊介
間歇的開口訓練が嚥下機能に及ぼす効果

鍵福祐子,若杉葉子,⽥奈美,熊倉彩乃,今井悠人,戸原玄,水⼝俊介
日常生活動作自立高齢者の舌の細菌数について

高橋亜希子,十時久子,若杉葉子,原豪志,中根綾子,戸原玄,水口俊介
交通外傷後の在宅患者の長期経過症例

田村厚子,戸原玄,篠崎裕道,若杉葉子,村田志乃,中根綾子,水口俊介
呼吸困難を持つ重症心身障害者の摂食嚥下障害患者に対し歯科矯正的アプローチを行った一例

山崎康弘,戸原玄,水口俊介,篠崎裕道,松原麻梨子
頚部緊張が嚥下機能にもたらす影響の検討(第2報)

町田奈美,戸原玄,熊倉綾乃,中根綾子,小林健一郎,斎藤貴之,今井悠人,水口俊介
高齢者における顎舌骨筋量と全身および開口力の関連性

井口寛弘,庄司浩孝,諸田千尋,戸原玄
要介護高齢者に対する咳テストの有効性の検証

大久保陽子、中根綾子、吉井詠智、小田嶋剛、杉森裕樹
第1報「介護老人福祉施設における食形態別の全身状態、栄養評価と誤嚥性肺炎発症」

大久保陽子、中根綾子、吉井詠智、杉森裕樹
第2報「介護老人福祉施設における嚥下調整食提供による食形態別の食材費コスト調査」

雨宮輝美、中根綾子、村田志乃、戸原玄、中久木康一
オーダーメイド関節訓練パンフレットの作成

○2015年7月 日本歯科医学教育学会第34回学術大会 鹿児島

<一般口演>
浜 洋平 ,水口俊介,佐々木啓一,前田健康,羽村 章,一戸達也, 森山啓司
健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム−第1報−初年度を終えて



○2015年6月 日本老年歯科医学会第26回学術大会 神奈川

<課題口演>
若杉葉子,戸原 玄,中根綾子,日野多加美,水口俊介
咀嚼機能評価のための新たな検査の試みー回復期病院での応用ー
(課題口演 優秀口演賞)

<ポスター発表>
松原麻梨子,戸原 玄,山口 潔,伊藤博子,村上奈央子,水口俊介
大脳皮質基底核変性症による嚥下障害患者への訪問診療での対応

○2015年5月 日本補綴歯科学会第124回学術大会 埼玉

<ポスター発表>
小田 憲,金澤 学,竹下 晋,田上真理子,大村友理,Kaidiliya Yalikun,宮安杏奈,粟野幹子,内田達郎,水口俊介
下顎インプラントオーバーデンチャーの動き―インプラント本数の影響―

<イブニングセッション>
金澤 学
無歯顎患者の補綴治療方針について考える~総義歯とインプラントオーバーデンチャーとの比較~

<座長>
水口俊介
専門医研修単位認定セミナー 全部床義歯補綴の統一見解


○2015年5月 The 4th Tri-University Consortium on Oral Science and Education

<ポスター発表>
Nami machida,Haruka Tohara and Shunsuke Minakuchi
Does Sarcopenia affect the strength of tongue muscle and supra hyoid muscles?

Ken Oda, Manabu Kanazawa, Shin Takeshita, Mariko Tanoue, Yuri Omura, Kaidiliya Yalikun, Anna Miyayasu, and Shunsuke Minakuchi
Denture Stability of Mandibular Implant Overdentures with Locator Attachments

Taro Yoshizaki, Norihisa Akiba, Masayuki Shimada, Shunsuke Minakuchi
Silica Coating for Acrylic Denture Base Materials: The effect of solid content concentration for durability of coating layer.


○2015年4月 日本デジタル歯科学会第6回学術大会 福岡

<ポスター発表>
中村敏成,金澤 学,山本信太,荒木田俊夫,半田和之,水口俊介
口腔内スキャナーを用いた印象採得から作製したトレーによる印象咬合採得


○2015年3月 93rd General Session and Exhibition of hte International Association for Dental Research Boston

<ポスター発表>
H. Soeda, E. Yamaga, Y. Sato, S. Minakuchi
SEM analysis on OHIP subscales for neurotic complete denture wearers

○2015年1月 日本義歯ケア学会第7回学術大会 千葉

本講座より3題の口演発表があり,優秀発表賞を受賞しました.

<口演発表>
秋葉徳寿,谷本裕之,水野 茜,水口俊介
義歯安定剤の粘度におよぼす環境溶液の影響

駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐々木好幸,尾澤絵美,水口俊介
義歯に関する質問票(Parients' Denture Assessment)による調整回数の予測
(優秀発表賞)

城 彩実,金澤 学,佐藤佑介,秋葉徳寿,岩城麻衣子,水口俊介
全部床義歯印象法が患者報告アウトカムに与える影響ー無作為化比較試験による検討ー
(優秀発表賞)


○2014年11月 日本障害者歯科学会第31回学術大会 宮城

本講座より1題の講演発表がありました.

<口演発表>
山崎康弘,戸原玄,中根綾子,水口俊介
頚部緊張が嚥下機能にもたらす影響の検討

○2014年11月 日本補綴歯科学会第18回東京支部学術大会 東京

本講座より3題の口演発表があり,優秀発表賞を受賞しました.

<口演発表>
家持 剛,秋葉徳寿,吉嵜太朗,水口俊介,島田誠之
親水性ナノシリカコーティング剤による金属材料の表面改質


優秀口演賞受賞

山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,浜 洋平,山賀栄次郎,鈴木啓之,天海徳子,渡辺一騎,内田達郎,水口俊介
口唇と舌の運動機能と咀嚼能力の関連性
(優秀発表賞)

城 彩実,金澤 学,佐藤佑介,秋葉徳寿,岩城麻衣子,水口俊介,安藤秀二
全部床義歯製作における印象法の違いが患者報告アウトカムに与える影響


○2014年11月 日本磁気歯科学会第24回学術大会 熱海

大学院1年生の宮安先生が口演発表をしました.

<口演発表>
宮安杏奈,金澤 学,大村友理,水口俊介
磁性アタッチメントを用いた下顎即時荷重インプラントオーバーデンチャー -周囲骨吸収と生存分析-

研究費

公益財団法人ロッテ財団 2016年度奨励研究助成
駒ヶ嶺 友梨子
加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?
(助成金額:300万円 助成期間:3年間)
2015年

○平成26年度厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業
戸原玄
高齢者の摂食嚥下· 栄養に関する地域包括的ケアについての研究
2014 年

○平成26年度科学研究費助成事業研究基盤(C)
戸原玄(分担)
脳血管疾患による在宅胃ろう造設者への摂食· 嚥下機能向上支援に関する要因の解明
2014 年

○平成26年度長寿医療研究開発費高齢者の口腔機能の維持· 向上法に関する研究
戸原玄(分担)
慢性期の摂食· 嚥下障害に対するリハビリテーションの効果
2014 年

○平成26年度長寿医療研究開発費胃瘻療養高齢者に対する摂食· 嚥下機能調査と経口摂取開始、胃瘻離脱に関する研究
戸原玄(分担)
摂食· 嚥下機能推移の調査、施設· 在宅での摂食· 嚥下リハビリテーション効果の検証,
2014 年

○文部科学省科学研究補助金(若手B)
駒ヶ嶺友梨子
欠損補綴と食事指導が高齢者の栄養状態に与える影響-バイオマーカーによる評価-
平成26 年度~平成28 年度


○文部科学省科学研究補助金(若手B)
秋葉徳寿
使用後に粘膜から容易に除去· 清掃できる温度応答性ゲルを応用した義歯安定剤の開発
平成25 年度~平成27 年度


○科学研究費補助金(若手研究B)
竹下 晋.
下顎インプラントオーバーデンチャーの最適なインプラント位置の検証.
平成27,28年度


○ITI Research Grant (Small Grant)
Manabu Kanazawa.
A randomized crossover trial of mandibular single-implant overdenture and conventional complete denture: cost-effectiveness and patient-reported outcome.
2014

○ロッテ財団 奨励研究助成
金澤 学
欠損補綴が食品摂取状況に与える影響 ー無作為化臨床試験による検討ー
2015年-2018年

テレビ,新聞

◯2016年1月22日 読売新聞
医療ルネサンス 患者学 に当分野准教授の戸原が中心となり運営されている、摂食嚥下関連医療資源マップについて、掲載されました。

◯2015年12月24日放送 8:00 - 9:50 
フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!医療プロジェクトにおいて,開口訓練について取りあげられました
(戸原玄)

◯手軽に口を鍛えるには歌うのが良い
◯特異的にやるなら開口訓練が必要
◯開口力計測をすると強さが分かる

○2015年11月30日 週間医学界新聞(NHK)

摂食嚥下関連医療資源マップについて紹介されました(戸原玄).

○2015年10月15日 おはよう日本(NHK)

摂食嚥下関連医療資源マップについてTVで紹介されました(戸原玄).

○2015年10月19日 読売新聞  くらし家庭

摂食嚥下関連医療資源マップについての記事が掲載されました(戸原玄).

○2015年10月15日 産経新聞 ゆうゆうLife

摂食嚥下関連医療資源マップや摂食嚥下リハビリテーションについての記事が掲載されました(戸原玄).

○2015年9月25日 読売新聞 シニア

摂食嚥下障害についての記事が掲載されました(戸原玄).

2015年 2月11日 ためしてガッテン(NHK)

水口俊介教授がためしてガッテンに出演し,以下の点についてコメントしました.
 
 不適切な全部床義歯の使用による為害性
 無歯顎となっても定期的な歯科通院をすることの必要性
 義歯安定剤の使用について

NHKオンデマンドにて,番組を視聴できます(有料).

第1回補綴歯科臨床研鑽会 プロソ'14 を当分野が主催しましたので,報告致します.