グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




沿革

当教室の前身は1952(昭和27)年に本学に設置された『歯科レントゲン室』ですが、正式に歯科放射線学教室として開設されたのは1959(昭和34)年であり、村井竹雄教授(現本学名誉教授)が当教室の初代教授として就任されました。村井教授が東北大学歯学部新設のため転出された後、故中村正教授が1967(昭和42)年に当教室の第2代目の教授として就任されました。しかし1987(昭和62)年に同教授が逝去され、その翌年、現佐々木武仁教授が、当教室の第3代目の教授に就任されました。現在当教室は開設以来53年目を迎えています。