グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 口腔病理学分野

口腔病理学分野

マクロとミクロの世界から口腔疾病の病態を探ります

 病理学は疾患の原因及び発症のメカニズムを明らかにする学問であり、基礎分野に所属して基礎医学的研究を行います。一方病院においては、歯科医師(医師)の資格のもと、医療行為である病理組織診断及び全身病理解剖の業務を担っています。当分野では日本一の症例数を誇る口腔領域疾患の病理組織診断を行うとともに、医科とともに全身病理解剖業務に携わっています。このような環境のもとで、日本病理学会が認定する口腔病理専門医資格の取得を目ざす大学院生が本学のみならず全国から集います。さらには、将来日本の口腔病理学を担う人材の養成を目ざし、活発な実験病理学及び臨床病理学研究を行っています。すべての病理組織診断及び病理解剖は医科とともに医学部附属病院病理部において行っているため、全身の病理学的な理解も進み、広い視野での研究能力及び臨床病理診断能力を身につけることができます。