グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 健康推進歯学分野  > 大学院講義

大学院講義

特  論

【目的・概要】
歯学・歯科医療を取り巻く時代や環境の変化に適切に対応し、口腔の健康に関連する環境・社会・経済的な問題を分析・解決できる能力を身につけ、個人や地域社会に対してヘルスプロモーションを実践・展開していくことのできる歯科専門家を養成することが授業の目的である。特論では口腔疾患の予防およびオーラルヘルスプロモーションに関する基礎、臨床、疫学研究について概説する。口腔疾患の予防、歯科公衆衛生、口腔疾患の疫学、口腔疾患の社会的側面、プライマリヘルスケアとヘルスプロモーション、保健医療システムや教育制度とオーラルヘルスプロモーションとの関連などについて講義やディスカッションを行う。

【参加可能プログラム】
 ・ 大学院講義
 ・ 大学院特別講義
 ・ 大学院セミナー
 ・ 抄 読 会

演  習

【目的・概要】
個人や地域社会を対象とした予防プログラムを実施したり、オーラルヘルスプロモーションを実践・展開していくために必要な、計画の策定、戦略の立て方、評価方法などの手法について、具体的な事例をもとに検討を行い、また、実際のフィールドにおいて演習を行う。

【参加可能プログラム】
 ・ 事例検討セミナー
 ・ フィールド調査活動