グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




研究業績

研究助成金

1. 鈴木哲也.平成25年度科学研究費補助金 基盤研究(C):実験的固有口腔の拡大から解析する舌接触補助床のデザイ
ン.代表研究者
2. 鈴木哲也.平成25年度科学研究費補助金 基盤研究(B):義歯安定剤利用ガイドライン構築に関する基盤研究:マル
チセンター前向き研究.分担研究者 (代表研究者 河相安彦)

2015年

2014年

2013年

原著
1. Wakabayashi N, Suzuki T.Title: Patient-specific finite element analysis of viscoelastic masticatory mucosa.Journal:
Journal of Dental Biomechanics 4:1-7, 2013.
2. 鈴木哲也.東京医科歯科大学における四年制歯科技工士教育の現状と課題. 日歯技工誌.33(2).61-66,2013.
3. 中久木康一,岡安晴生,池田正臣,鈴木哲也.大規模災害時の歯科技工士の役割−東日本大震災の経験から期待され
ることと、それに向けた準備−,日歯技工誌.34(1).22-29,2013.
4. 笛木賢治,大久保力廣,谷田部 優,荒川一郎,有田正博,井野 智,金森敏和,河相安彦,川良 美佐雄,小見山道,
鈴木哲也他.熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯(ノンメタルクラスプデンチャー)の臨床応用.日補綴会誌(査読有)
5:387-408、2013.
6. Kirihara M, Inoue G, Nikaido T, Ikeda M, Sadr A, Tagami J. Effect of fluoride concentration in adhesives on
morphology of acid-base resistant zones. Dent Mater J. 32(4), 578-84, 2013.
7. Utaka S, Nakashima S, Sadr A, Ikeda M, Nikaido T, Shimizu A, Tagami J. Cariotester, a new device for assessment
of dentin lesion remineralization in vitro. Dent Mater J. 32(2), 241-7, 2013.
8. Gando I, Ariyoshi M, Ikeda M, Sadr A, Nikaido T, Tagami J. Resistance of dentin coating materials against abrasion
by toothbrush. Dent Mater J. 32(1), 68-74, 2013.
9. Thanatvarakorn O, Nakashima S, Sadr A, Prasansuttiporn T, Ikeda M, Tagami J. In vitro evaluation of dentinal
hydraulic conductance and tubule sealing by a novel calcium-phosphate desensitizer. J Biomed Mater Res B Appl
Biomater. 101(2), 303-9, 2013.
10. 中久木 康一,岡安 晴生,池田 正臣,鈴木 哲也.大規模災害時の歯科技工士の役割 東日本大震災の経験から期待さ
れることと、それに向けた準備. 日本歯科技工学会雑誌 34(1), 22-29, 2013.

その他
1. 水口俊介,冨川紘一.GC友の会 全部床義歯トレーニングDVD「マスターしよう!コンプリートデンチャーPart3-排
列試適・義歯装着Basic-」. 2013

2012年