グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トップページニュース  > 創立記念日行事及びホームカミングデイを開催しました

創立記念日行事及びホームカミングデイを開催しました

 東京医科歯科大学では、10月12日に創立記念日行事を、また、10月15日にホームカミングデイを開催しました。
 12日は、本学の創立記念日であり、今年で89周年を迎えるのに合わせて様々な行事を行いました。
 まずは防災訓練を実施。避難開始の放送後、1号館横駐車場に集まった教職員と学生たちは、この日のためにあつらえたおそろいのTシャツを着用しています。背中には「I♡TMDU」の文字!黄緑色は学生、深緑色は教職員です。今年は学内全体の防災意識を高めるため、初めて学生たちも参加しました。そして黒いポロシャツの方々は、保健衛生学研究科共同災害看護学(DNGL)の学生たちです。消火器訓練や起震車を使った地震体験、煙ハウスによる火災時の煙体験を行い、訓練は無事に終了しました。 日ごろから訓練を積み重ね、一人一人の防災に対する意識を高めていくことが重要であることを、訓練を通じて学ぶことができました。
 防災訓練に続き、自校愛を育むための「マイキャンパスプロジェクト」として、役職員と学生たちで大学構内及び周辺道路の清掃を行いました。昨年度までは事務職員中心で行っていましたが、今年度から多くの学生と医療職の教職員も参加し、草取りやゴミの除去に汗を流しました。
 また、午後からは職員のモチベーションの高揚のための「やる気倍増プロジェクト」として、教育実践に顕著な成果をあげた教員3名をベストティーチャー賞、研究活動において優れた成果をあげた教員2名を優秀研究賞、附属病院内で素晴らしい取り組みを行った2チームを医療チーム功労賞として表彰し、吉澤学長より賞状と楯が授与されました。続いて、永年勤続者表彰式を挙行し、長年大学の発展に貢献された職員を表彰しました。

 15日には、今年で8回目となるホームカミングデイを開催し、湯島キャンパスに緑を増やすための「癒しの緑づくりプロジェクト」として、卒後50年を迎える第15期生同期会から寄贈された百日紅とこぶしの2本を植樹しました。午後には鈴木章夫記念講堂において、本学基金への寄附者に対する感謝状贈呈式、第15期生からの目録受領、渡邉理事への学長賞授賞式及びフォトコンテスト表彰式を行いました。その後、「クラシック音楽の黄金時代~1980年代のドイツ・グラモフォン」というテーマで卒業生の千勝泰生さんによる講演が行われ、役職員、名誉教授、同窓生、学生など多くの人が熱心に聴講していました。最後の懇談会では、卒業生や名誉教授、本学役職員が参加し、在籍当時の思い出や本学のこれまでの変遷などについて和やかに懇談が行われ、一連の行事が締めくくられました。

防災訓練の様子

マイキャンパスプロジェクトでの構内清掃

やる気倍増プロジェクト表彰式

学長賞授賞式

卒業生 千勝泰生さんのご講演

懇談会の様子