グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




マイナンバーの利用目的について

マイナンバーの収集にあたっては、利用目的を明示する必要があります。

マイナンバーは税、社会保障の分野に利用されることとなっていますが、事業主が職員の皆さんからマイナンバーを収集するにあたっては、具体的な利用目的を明示する必要があります。
東京医科歯科大学では、職員の皆さんからお預かりしたマイナンバー(扶養家族のマイナンバーを含む)を以下の目的で利用します。


収集対象者利用区分利用目的事務担当者
職員源泉徴収票作成事務人事課給与係
扶養控除等(異動)申告書、保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書の提出事務
退職所得に関する申告書の提出事務
給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書の提出事務
財産形成住宅貯蓄・財産形成年金貯蓄に関する申告事務人事課福利厚生係
社会保障雇用保険届出事務人事課福利厚生係
雇用保険証明書作成事務
雇用保険申請・請求関係事務
健康保険・厚生年金保険届出事務
健康保険申請・請求関係事務
共済組合 適用関係事務
職員の扶養家族源泉徴収票作成事務人事課給与係
扶養控除等(異動)申告書、保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書の提出事務
社会保障健康保険・厚生年金保険届出関係事務人事課福利厚生係