本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 難治病態研究部門  > 病態生理化学分野

研究部門・分野紹介

病態生理化学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Biochemical Pathophysiology

当研究室では、多様な構造をもつ脂質に着目した医学・生物学研究を進めています。特に、イノシトールリン脂質と、我々が最近発見した新規リン脂質群の機能解明に力を注いでいます。細胞の内外で脂質が生命現象を司る機序を紐解き、脂質代謝や脂質シグナリングの破綻により出現する病態を解明することで、難治疾患の治療標的の提示や、診断・層別化に有為な生体分子の同定を目指しています。


研究テーマ

  • 新規リン脂質の病態生理機能解析
  • 質量分析による脂質解析技術開発と新規脂質の探索
  • 脂質プロファイリングによる疾患の病態形成機構の解明
  • 脂質キナーゼ/ホスファターゼ欠損マウスを用いた、がん、炎症、神経疾患の病態解析

病態生理化学分野のホームページ

病態生理化学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

病態生理化学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:佐々木雄彦 tsasaki.pip(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&D タワー19階