本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 難治病態研究部門  > 病態細胞生物学分野

研究部門・分野紹介

病態細胞生物学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Pathological Cell Biology

当研究室では、「細胞死機構の解析とその破綻に由来する疾患の治療薬開発」「ミトコンドリア機能異常に由来する疾患の克服」を2つの柱として研究をおこなっています。前者に関しては、細胞死を一つの生体システムとして捉え、哺乳動物個体の中でこのシステムが如何に機能しているかを探索します。後者に関しては、ミトコンドリアと細胞質との間の情報交換の基本原理を解明していきます。最終的には、これらの知見を基盤に生命の動作原理の本質を解明することを目指しています。


研究テーマ

  • 新規に同定したオートファジー機構の生理機能と疾患
  • 非アポトーシス細胞死分子機構の解析(オートファジー様細胞死、ネクローシス)
  • アポトーシス分子機構の構造学的解析
  • ミトコンドリア機能異常に基づく疾患の病態解明

病態細胞生物学分野のホームページ

病態細胞生物学分野のホームページ

病態細胞生物学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

病態細胞生物学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:清水重臣 shimizu.pcb(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&D タワー22階