本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 難治病態研究部門  > 神経病理学分野

研究部門・分野紹介

神経病理学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Neuropathology

本分野では神経変性疾患の発症分子メカニズムの解明と治療法の開発を研究目的としています。特に遺伝性脊髄小脳変性症、ハンチントン病、アルツハイマー病において、原因遺伝子変異によって生じる異常蛋白が神経細胞機能異常と最終的な細胞死を引き起こす分子過程の詳細な解明を目指して研究しています。また、発症メカニズムの研究で明らかになった知見を基に、これらの変性疾患をターゲットとした分子治療の開発を試みています。


研究テーマ

  • 神経変性の分子病態解明と治療開発
  • 発達障害の分子病態解明と治療開発
  • 変性疾患、発達障害のモデル動物開発
  • 変性疾患、発達障害の治療薬スクリーニング
  • 神経幹細胞分化の分子機構

神経病理学分野のホームページ

神経病理学分野のホームページ

神経病理学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

神経病理学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:岡澤均 okazawa.npat(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー21階