本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究部門・分野紹介

分子病態分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Molecular Pathogenesis

ヒトの病気は遺伝要因と環境要因の相互作用によって引き起こされるものです。当分野では、種々の難治疾患の遺伝要因を分子レベルで解明し、もっと病態の深い理解と疾患の予防および治療の道を拓くことを目的として、正常および異常な遺伝形質を規定するヒトゲノム遺伝子の構造・機能・発現制御機構を分子遺伝学的、細胞生物学的、生化学的手法を用いて解析しています。


研究テーマ

  • 心・血管疾患の新規原因遺伝子の特定と病態形成機構の解明
  • 疾患関連分子間の機能連関修飾による疾患治療法の開発
  • 感染症・免疫関連遺伝子ゲノム多様性の進化学的意義と機能解析

分子病態分野のホームページ

分子病態分野のホームページ

分子病態分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

分子病態分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:木村彰方 akitis(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー22階北