本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 連携研究部門

研究部門・分野紹介

難病基盤・応用研究プロジェクト室

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University



第1期(平成25年度~平成27年度)


難病IBD研究プロジェクト(研究代表者 清水重臣 教授)

プロジェクト構成員(教授:樗木俊聡、木村彰方、清水重臣、助教:中西祐輔、荒川聡子、櫻井大祐)


 本プロジェクトでは、特定難病の1つである炎症性腸疾患(クローン病および潰瘍性大腸炎)の病態生理解明と創薬開発を行なう。具体的には、①発症メカニズムの解明を、遺伝学的、免疫学的、細胞生物学的、超微形態学的手法を用いて解明する。また、②低分子化合物ライブラリーの中から、本疾患発を制御できる化合物を同定し、創薬開発研究を行なう。


プロジェクトHP http://www.tmd.ac.jp/idbp/index.html


終了報告書    http://www.tmd.ac.jp/mri/section/lirpid/1.1index.html


難病筋疾患研究プロジェクト(研究代表者 木村彰方 教授)

プロジェクト構成員(教授:木村彰方、准教授:黒柳秀人、田中裕二郎、林丈晴、助教:森岡勝樹)


 本プロジェクトでは、難病(厚生労働省特定疾患)に指定されている心筋症(拡張型心筋症、肥大型心筋症)および筋ジストロフィー(顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー)の病因・病態を究明し、新たな診断・治療戦略の基盤を構築することを目的としています。とりわけ、従来にはなかった「RNA制御」を病態基盤とする新しい疾患概念を共通視点として取り組むことで、心筋症研究と筋ジストロフィー研究を有機的な連関のもとに推進します。


プロジェクトHP http://www.tmd.ac.jp/musdp/


終了報告書    http://www.tmd.ac.jp/mri/section/lirpid/1.2index.html


難治低酸素性乳がん研究プロジェクト(研究代表者 中山恒 准教授)

プロジェクト構成員(教授:石野史敏、澁谷浩司、三木義男、准教授:中山恒、山口登喜夫)


 本プロジェクトでは、低酸素環境に生息して増悪化する難治性の乳がんの発症機構と病態を究明し、新しい診断・治療方法に結びつくような基盤技術の創出をめざしています。これまでに別個に研究されてきた「乳がんと低酸素」、「乳がんとDNAメチル化(エピジェネティクス)」という二つの軸を統合した「低酸素エピジェネティクス」と呼ぶことのできる新たな医学研究領域の視点から、難治性乳がん研究に取り組みます。


プロジェクトHP http://www.tmd.ac.jp/oxbio/index.html


終了報告書    http://www.tmd.ac.jp/mri/section/lirpid/1.3index.html


難治がんエピゲノムプロジェクト(研究代表者 幸田尚 准教授)

プロジェクト構成員(教授:石野史敏、准教授:幸田尚、講師:井上純、助教:川崎佑季)


 本プロジェクトでは、近年新たに見いだされたエピゲノム修飾であるDNAのヒドロキシメチル化を1塩基レベルで解析する新規解析法を確立し、これを用いて難治がんの原因を明らかにすることを目的にしています。がん抑制遺伝子のメチル化による発現抑制はよく知られてきましたが、新しい修飾塩基の発見はこれまでのエピゲノム研究を根底から見直す必要がある可能性を秘めています。この新技術を難治がんの解析に留まらず、広くエピゲノム研究の基盤となる技術として発展するよう研究を推進します。


プロジェクトHP http://www.tmd.ac.jp/engm/index.html


終了報告書    http://www.tmd.ac.jp/mri/section/lirpid/1.4index.html


難病迅速診断開発研究プロジェクト(研究代表者 清水則夫 准教授)

プロジェクト構成員(教授:森尾友宏【医学部小児科】、准教授:清水則夫、講師:新井文子【医学部血液内科】)助教:谷本幸介


※清水則夫准教授はH27.1から研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター所属

※谷本幸介助教はH27.3からプロジェクトに加入


 本プロジェクトでは、マルチプレックスPCR法を応用し、ウイルス・細菌・真菌などを原因とする難治性疾患の病原因子を簡便(単純なピペッティング操作のみ)・短時間(1時間以内)に同定(あるいは定量)することを可能にする新しい検査法を開発し、順次検査対象を様々な難病関連遺伝子に拡大することを目指します。完成すれば、外来受診当日に病名を確定し、適切な治療を迅速に開始することが可能になると期待されます。


プロジェクトHP http://www.tmd.ac.jp/mri/index.html


終了報告書    http://www.tmd.ac.jp/mri/section/lirpid/1.5index.html