本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 大学院教育研究支援実験施設

研究部門・分野紹介

大学院教育研究支援実験施設

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

ゲノム解析室

写真:DNAシークエンサー

DNAシークエンサー

本解析室は、所内の研究者が共通して研究機器を使用できること、日々進歩していく解析機器の設置と技術の教育および供与に研究所として対応していくことを目的として設置されました。
現在、DNAシーケンサー、フロサイトメーター、発光プレートリーダーなどを常備しています。特に、DNAの塩基配列決定については、研究所内・学内からの依頼により解析し、実績を上げています。

設置機器については、今後、さらに拡充していく予定ですが、現在、各研究室が保有している機器をヴァーチャルラボとして本解析室に登録し、研究者が相互に利用できる便宜をはかっています。本解析室担当者は、機器の管理運営、DNA配列などの受注解析とともに、新しい技術の導入と研究者への教育、訓練もおこなっています。

ゲノム解析室のホームページ

ゲノム解析室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


細胞プロテオーム解析室

細胞プロテオーム解析室のホームページ

細胞プロテオーム解析室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


遺伝子組換えマウス実験室

外来遺伝子を導入したマウスや内在性遺伝子を破壊したマウスは、遺伝子の生体内での機能を解析するうえで、いまや、必須の手段です。さらに、これらの遺伝子組換えマウスは、種々の疾患のモデルにもなり、疾患の発症機構や治療法の開発に不可欠です。
本実験室では遺伝子組換えマウスの樹立や飼育、特定病原体の排除、受精卵の凍結保存が可能であり、所内の共同利用実験室の1つとして各分野の研究をサポートしています。なお、組換えDNA実験指針および本学の実験動物の手引きに基づいて作成された、遺伝子組換えマウス実験室使用に関する申し合わせとその細則に従って運営されています。

遺伝子組換えマウス実験室のホームページ

遺伝子組換えマウス実験室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


形態機能解析室

写真:共焦点レーザー顕微鏡

共焦点レーザー顕微鏡

本解析室は、所内の研究者がいつでも使用できる共同利用施設として設置されました。
設置されている機器は、さまざまな難治疾患における各種臓器の形態学的変化だけでなく、機能分子の変化をDNA、RNA、蛋白質レベルで解析することのできる共焦点レーザー顕微鏡、蛍光イメージングワークステーション、凍結ミクロトーム、ロータリーミクロトーム、自動核酸抽出装置およびリアルタイムPCR定量装置を常備しています。

疾患に伴う遺伝子の質的・量的変化を細胞・組織レベルで経時的に解析する事は、難治疾患の病態解明・診断・治療にとって不可欠な手段であり、本解析室では遺伝子構造解析が終了したポストゲノム時代に欠かすことのできない強力なツールを提供し、研究の便宜をはかっています。

形態機能解析室のホームページ

形態機能解析室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


バイオリソース支援室

写真:バイオリソース支援室

本支援室は、生命医科学分野における研究・教育の発展に貢献するため設置され、培養細胞株、ゲノム資源等の研究材料を収集し、提供しています。
またヒト生体試料(細胞株、臨床検体、DNA,RNA 等)、動物試料等を安全に保存し、培養細胞の適切な維持に必要な汚染検査を実施しています。リンパ球樹立は必要に応じ受託し、血清共同購入の窓口業務も行います。本支援室では研究材料を取り巻く最近の状況に対応し、安全で適切な扱いに配慮した支援を目指しています。

バイオリソース支援室のホームページ

バイオリソース支援室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


構造解析室

構造生物学の進展により、蛋白質などの生体高分子やその低分子との複合体の立体構造が様々な分野の研究に用いられるようになってきています。本支援室には、高輝度X線発生装置とイメージングプレートX線回折装置、さらに低温測定装置があり、X線結晶解析による生体高分子の立体構造の決定を支援しています。

構造解析室のホームページ

構造解析室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)


幹細胞支援室

ES 細胞やiPS 細胞など再生医療の中心的役割をはたす幹細胞研究の支援のため、高速セルソータや共焦点レーザー顕微鏡などの先端機器を揃えています。

幹細胞支援室のホームページ

幹細胞支援室のホームページはこちら(別ウインドウで開きます)