本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究部門・分野紹介

分子細胞遺伝分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Molecular Cytogenetics

ゲノムプロジェクトの進展によりヒト染色体の全塩基配列の解読はほぼ終了しました。このようなポストシーケンス時代にあって、物理的、知識的なゲノム情報を基盤に従来不明とされてきた癌や生活習慣病、さらに神経変性疾患をはじめとする難病の原因遺伝子解明は加速度的に進むものと予測されます。さらにゲノムに内在する大量の生命科学情報を基に遺伝子制御ネットワークの予測システムも実現化されてきており、遺伝医学を包括するゲノム科学研究は生物現象から遺伝子へと進める解析的・帰納的なアプローチから、遺伝子から生物機能へと向かう構成的・演繹的なアプローチへとパラダイムシフトを遂げています。本研究分野では、日々刷新されている豊富なゲノム情報を背景に腫瘍を含む種々の遺伝性疾患や染色体異常症候群の原因遺伝子の同定と機能解析を行い、疾患の分子病態の解明に向けての研究を展開しています。また、遺伝情報を基盤とした新しい「がんの個性」診断法の開発を目指しています。


研究テーマ

  • 難治がんの増殖、浸潤、転移に関わる遺伝子の同定と機能の解析
  • 遺伝性疾患の原因遺伝子の同定と機能の解析
  • システムバイオロジーによるがん化パスウェイ解析
  • がんと遺伝疾患の画期的な診断法、治療法、予防法の開発
  • 癌関連miRNA の網羅的スクリーニングとRNA 創薬への応用

分子細胞遺伝分野のホームページ

分子細胞遺伝分野のホームページ

分子細胞遺伝分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

分子細胞遺伝分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:稲澤譲治 johinaz.cgen(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー23階南西