本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 先端分子医学研究部門  > 生体情報薬理学分野

研究部門・分野紹介

フロンティア研究室(遺伝子発現制御学)

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Gene Expression

真核生物のタンパク質遺伝子の発現は、ヒストン修飾などのエピジェネティックな制御、転写、転写後プロセシング、mRNAの安定性や翻訳制御など、さまざまな段階で制御されています。本研究室は、mRNA前駆体の転写後プロセシング、特に選択的スプライシングや選択的ポリA付加などを制御する「細胞暗号」の解明を目指し、生体内での可視化やトランスクリプトーム解析などの手法を組み合わせて研究を展開しています。


研究テーマ

  • 組織特異的制御因子による選択的スプライシング制御機構
  • mRNA前駆体の転写とスプライシングの共役機構
  • RBM20によるTTN遺伝子の心筋特異的スプライシング制御機構

フロンティア研究室(遺伝子発現制御学)

フロンティア研究室(遺伝子発現制御学)では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

フロンティア研究室(遺伝子発現制御学)のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:黒柳 秀人 kuroyana.end (ここに@を入れてください)tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー24階