本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究部門・分野紹介

ゲノム病理学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Genomic Pathology

ゲノム科学の進展によって生命現象を全ゲノムスケールで測定することが可能となりましたが、難治疾患の治療・診断に直接的な寄与は未だ限定的です。腫瘍性疾患や炎症・免疫疾患は多種の細胞によって構成される複雑な系でありこれらのメカニズムの全体像を正確に把握することが重要となります。ゲノム病理学分野ではゲノムレベルで多量のデータ計測を行うことによりその動態を明らかにし、解析のなかから介入可能な治療ターゲットやバイオマーカーになりうる特異的現象の探索を行っていきます。並列型シーケンサーを用いて主にがん間質相互作用・がん免疫を対象として解析を行っており、同時に治療標的に対しての候補化合物等のスクリーニングも行っています。また、ゲノム解析技術のコストが大幅に下がり病理診断のような診療現場でもゲノム解析が可能になってきました。ゲノム病理学分野ではこのような診療現場で使用可能なゲノム解析技術の開発や整備などを行っていく予定です。


研究テーマ

  • がん-間質の相互作用のゲノミクス
  • がん組織における代謝リプログラミング
  • がん関連タンパクのメカニズム解明とターゲットバリデーション
  • 臨床がん症例のゲノム解析

ゲノム病理学分野のホームページ

ゲノム病理学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

ゲノム病理学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:石川俊平 sish.gpat(ここに@を入れてください)tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー24階