本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 連携研究部門(病態発現機構プロジェクト)  > 難治疾患システムズバイオロジー

研究部門・分野紹介

連携研究部門(病態発現機構プロジェクト)難治疾患システムズバイオロジー

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Systems Biology for Intractable Diseases

難治疾患の病態は複数の遺伝子の制御異常が複雑に相互に影響し合った状況で、システムとしての統合的制御から逸脱した状態であることが明白になってきた。一方、先端的ゲノム解析や網羅的リン酸化プロテオーム解析技術などの開発により大量のオミクスデータが蓄積されてきている。これら超多次元・超ヘテロな生命科学情報を至適アルゴリズムによりスーパーコンピュータなどの最先端計算科学戦略・情報処理技術を駆使して、大量シーケンス情報の処理・解析、情報の抽出、構造化、そしてシミュレーションを行い,生体・生命システムの破綻の仕組みを明らかにする。これにより、従来のアプローチでは見えてこなかった難治疾患の分子パスウェイやネットワークが描出され、疾患形成の鍵分子を明らかにすることが可能になると予想される。 当該部門では、難治研の様々な分野と連携して、生命をシステムとして読み解くことで得られた情報をもとに、難治疾患の病態を解明し、それら成果を創薬や治療法開発へと発展させる。


難治疾患システムズバイオロジーのホームページ

難治疾患システムズバイオロジーでは分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

難治疾患システムズバイオロジーのホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:宮野  悟 miyano(ここに@を入れてください)@hgc.jp
    井元 清哉 imoto(ここに@を入れてください)ims.u-tokyo.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー23階南西