本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 先端分子医学研究部門  > 分子構造情報学分野

研究部門・分野紹介

分子構造情報学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Structural Biology

本分野は、X線結晶解析を中心に生体高分子の立体構造をキーワードに研究を進めています。ゲノム配列の決定やプロテオミクスの進歩により、多くの蛋白質の一次配列やその経時的な機能が解明されてきていますが、蛋白質はある特定の立体構造をとることにより初めてその機能を発揮します。いわゆるプリオン病が示すように、蛋白質の化学的組成が同じでも、その立体構造が正しくなければ活性を示さないだけでなく疾病の原因ともなりえます。そこで、本分野は疾患や創薬に関連した蛋白質の構造を明らかにし、その機能を原子レベルで理解したり、創薬の候補化合物など低分子と蛋白質の相互作用の詳細を解析しています。また、こうした立体構造が構成される過程(フォールディング)など、タンパク質の動的な性質の研究も行っています。


研究テーマ

  • 疾患に関与する蛋白質の構造と物性の解析
  • キナーゼなど創薬標的蛋白質の立体構造解析とそれらの低分子との相互作用の研究
  • プロリン異性化酵素の活性機序などの蛋白質のフォールディングに関する研究
  • Protein Data Bank Japan(PDBj)を通してのPDBへの貢献

分子構造情報学分野のホームページ

分子構造情報学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

分子情報構造学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:伊藤暢聡ito.str(ここに@を入れてください)tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー22階