本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 先端分子医学研究部門  > テニュアトラック研究室 細胞分子医学

研究部門・分野紹介

テニュアトラック研究室
細胞分子医学

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Cellular and Molecular Medicine

生体には外界からの刺激や内因性のストレスに応答して体内の環境を維持する恒常性維持機構が存在すると考えられています。慢性炎症は、生活習慣病や癌、神経変性疾患など多彩な病態に共通する基盤病態であり、何らかの原因で炎症の収束が妨げられた状態と捉えることができますが、分子機序は明確ではありません。本分野では、炎症の慢性化を恒常性維持機構の動的な変容にともなうセットポイントの変化と捉え、肥満や加齢に伴い増加する生活習慣病やメタボリックシンドローム、発がんのメカニズムを多細胞間の機能ネットワークと転写ダイナミズムの観点からグローバルに理解してゆくことを目的としています。


研究テーマ

  • 生活習慣病や発がんに共通した基盤病態としての炎症慢性化のトランスクリプトーム・エピジェネティクス解析
  • マクロファージの自律的な炎症制御機構の変調による炎症の慢性化に関する検討
  • 慢性炎症における腫瘍関連マクロファージの動態と機能の解析

テニュアトラック研究室 細胞分子医学のホームページ

テニュアトラック研究室 細胞分子医学のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)