本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > 先端分子医学研究部門  > フロンティア研究室(低酸素生物学)

研究部門・分野紹介

フロンティア研究室(低酸素生物学)

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Oxygen Biology

私たちは空気中の酸素を取り込み、さまざまな生命活動に利用しています。私たちの体が酸素濃度の低い環境におかれると、低酸素応答と呼ばれる一連の生理応答を引き起こし、恒常性の維持に働きます。フロンティア研究室(低酸素生物学)では、低酸素応答が ①どのように起こり(センサー機構)、②どのようなシグナル伝達経路を介して、③どのような生理現象に働くのか、を解明することを目標としています。これらの知見を低酸素性の疾患である、虚血性疾患や癌の治療戦略に結びつけることをめざします。


研究テーマ

  • 細胞内酸素センサー機構の解明
  • 癌におけるHIF依存的・非依存的なシグナル伝達経路の解析
  • 低酸素環境における遺伝子発現誘導・抑制機構の解析

フロンティア研究室(低酸素生物学)のホームページ

フロンティア研究室(低酸素生物学)では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

フロンティア研究室(低酸素生物学)のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:中山 恒 nakayama.mtt(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区 M&Dタワー23階・24階