本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究部門・分野紹介

生体防御学分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Biodefense Research

本分野は、「生体の防御と恒常性維持の統合的理解」に焦点をあて、それらを担う免疫細胞や組織幹細胞の分化や機能を、正常および疾患病態において理解することを目的としています。主として、単核球系貪食細胞(樹状細胞・マクロファージ)などの免疫細胞、血液・腸・皮膚などの組織幹細胞を研究対象として、免疫系ならびに組織幹細胞系ホメオシターシスの維持とその破綻による病態構築機序の解明に取り組むことで目的を達成します。そして、それら成果に基づき、難治性疾患の予防法・治療法の開発へ繋がる応用研究への糸口が得られるよう研究を推進しています。


研究テーマ

  • 単核球系貪食細胞(樹状細胞・マクロファージ)の分化経路の解明と疾患治療応用
  • 炎症性腸疾患における単核球系貪食細胞の役割の解明と治療応用
  • 血液・腸・皮膚の組織幹細胞による組織再生メカニズムの解明と疾患治療応用
  • 免疫系ー組織幹細胞系の連関による組織恒常性維持と破綻の分子基盤

生体防御学分野のホームページ

生体防御学分野のホームページ

生体防御学分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

生体防御学分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:樗木俊聡 ohteki.bre(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
所在地:湯島地区M&Dタワー19階