本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 難治疾患研究所研究助成  > 平成26年度難治疾患研究所研究助成

研究所案内

平成26年度難治疾患研究所研究助成

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

「難治疾患の研究」を重点課題とする研究助成対象者

平成27年3月10日
 先般募集しました平成26年度「難治疾患の研究」を重点課題とする 研究助成について、多数の応募者の中から、審査の結果以下のとおり 決定しましたのでお知らせします。
 なお、研究助成金は、平成27年度に所属分野に配分されます。

研究助成対象者 研究題目
分子疫学分野
准教授 佐藤 憲子
胎生期環境ストレスが痕跡的にHsp90-Hsp70 分子シャペロン活性に与える影響の解析
分子細胞遺伝分野
助教 村松 智輝
新規がん治療標的として見出したhypusine 経路の被翻訳遺伝子の探索
フロンティア研究室(低酸素生物学)
助教 椨 康一
難知性トリプルネガティブ乳癌における微小環境構築機構の解明
分子遺伝分野
特任助教 高岡 美帆
遺伝性乳がん原因遺伝子産物BRCA2 タンパクの分裂期染色体における役割
テニュアトラック研究室細胞分子医学
助教 林 晋一郎
サルコペニアの原因となる加齢に伴う骨格筋幹細胞の恒常性破綻分子機構の解明
分子神経科学分野
助教 相田 知海
弧発性ALS の細胞死機序
エピジェネティクス分野
プロジェクト講師 李 知英
ゲノムインプリンティング記憶消去におけるDNA 脱メチル化機構の解明