本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 難治疾患研究所研究発表会  > 平成22年度難治疾患研究所研研究発表会

研究所案内

平成22年度難治疾患研究所研究発表会

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成22年度難治疾患研究所研究発表会(大学院生部門・若手研究者部門)


 平成22年度難治疾患研究所研究発表会が3月9日に開催されました。多数の発表者の中から、審査の結果以下のとおり 受賞者が決定しましたのでお知らせします。

大学院生部門

名前 演題
1位
ベストプレゼンテーション賞
分子細胞遺伝
小野宏晃
SIX1 promotes epithelial-mesenchymal transition in colorectal cancer through ZEB1 activation
2位 分子代謝医学
杉田 聡
Metabolic analysis of transgenic mice overexpressing RXRg in skeletal muscle: increased glucose tolerance and suppression of obesity-induced fatty liver.
2位 分子細胞遺伝
本田 尚三
日本人XLMRの2家系に見出された同一の複雑なX染色体短腕ゲノム再構成は中央アジアを創始とする
難治疾患研究賞 分子細胞遺伝
村松 智輝
食道扁平上皮がんにおけるYAPのがん遺伝子としての働き
萌芽賞 分子細胞遺伝
古田繭子
新たなRNA創薬に寄与する肝細胞癌抑制性microRNAの同定と機能解析

若手研究者部門

名前 演題
1位 MTTプログラム
形質発現
片岡 直行
低分子化合物によるエクソンスキッピングの筋ジストロフィー治療への応用